FC2ブログ

カリンちゃんの眼科初診

1.23-6


昨日は午後から、カリンちゃんの初めての動物眼科医院の診察。
東京文京区春日にある『トライアングル動物眼科診療室』さんは、主治医の獣医さんの
勧められた病院。
実は、通院までの1か月近く、いろんな意味で病気のこと、経験者の皆さんのお話し、
さらに術後の話しなど・・・・参考になるものもありましたが、実際は情報量が多くて、
真実?というものもあったのは事実です。


1.23-7


診察室の隣に大きな待合室、私たちの時間はおよそ10家族とワンコたちが診察を待っ
ていました。
話しによると全国から通院する方がいらっしゃるので・・・・コーヒーにWifi、テレビなどなど・・・
待つ時間のために病院が提供してくれているんだな~と。


1.23-8


最初に会話をしたのは、イタグレちゃん4歳のこと子は、「網膜剥離」で主治医さんに失明
を言われた、、、と。しかし、いろんな情報をみてこの病院を見つけて初診になったと。
結果、網膜剥離はしているけど、原因はほかの疾患があるとか・・・ 結局、血液検査をし
て診察の方向性ができたみたいです。

偶然ですが、先日、妻が学んだリード作り・・・・待合室でやっていたので、不思議と意気
投合。同じ趣味、そして同じ病気と闘うものとして気持ちが通じ合えましたね。


1.23-9


40分早く到着、すぐに問診表を書いて~このあとの診察に備えます。


1.23-4


検査は主に4つ。

・眼圧検査
・涙量検査
・エコー検査
・名前はわすましたが、下の写真の眼球の検査だったように・・・(笑)


1.23-3

結論をいうと、左目はレベル4/4 手術適用。
実は、手術ができないくらいの状態も多くあるそうです・・・・
それを考えると、早く行動をしてよかった~~ (^-^)/


1.23-10


とにかく検査と診察が断続的にあるんですが~~
待っている時間が長い・・・ あの待合室の意味ってあるんですね。(笑)
待っている間、せっかくだから院長先生が書かれた専門誌を読み漁りました。
気が付いたのは、人間同様に目の病気の多いこと。
カリンちゃんが罹患してから知りましたが、結構、皆さんの中にも経験している方
が多くいられました。


1.23-2


なんでも~そうですが、経験をしてはじめて病気の怖さ、飼い主の仕事を痛感し
ます。
さて、診察が終わったのは予定より1時間も超えて~6時過ぎ。
すでに薄暮から夜のとばりが降りてくる時間でした。


1.23-11


カリンちゃん、半日でしたが・・・母もいない、姉もいない・・・
心細い中で、頑張りました! (^-^)/


1.23-1


昨日、仕事場近くの病院の前に咲いた蝋梅・・・
天国の小梅さんが、カリンちゃんを見守るように花を咲かせてくれました。
偶然? いや~こういう偶然って何度も経験があります。


1.23-13
1.23-12


これから手術にむけて、ざまざまな検査、診察、そして準備がありますが、
家族でがんばって乗り切ろう~ということになりました。
こういうときは、家族の応援と協力がうれしいですね。

※グロテスクな写真を載せてしまいましたが、事実と病気の記録としてすべての
この病気に悩む飼い主さんのために掲載をさせてもらいました。
どうぞ、よろしくご理解をお願いしたいと思います。

コメント

非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ