FC2ブログ

新しい朝




昨日の午後、たくさんの花束に囲まれて小梅さんを無事に送り出すことがで

きました。このブログ、そしてSNS、里親さんやワンコ親戚の皆さまには、

心から感謝をしています。




午前中、雲が多くて少し心配でしたが、午後からは写真のとおり~見通し100%

の快晴に恵まれました。

私と娘、妻の3人の家族で14年の歴史を振り返りながら~見送りました。

実は、我が家はこれで5回目、、、しかし、悲しみって慣れることはないんです

ね。母、祖母、小梅の娘と孫と、みんな同じところで見送りです。


この2日間、私個人はこの14年間の歴史、いろいろと思い出してみました。

楽しかったこと、苦しかったこと、悲しいことなど・・・・これからも忘れる

ことがないと思います。ただ~いつも思うんですが、私たちはいい飼い主でい

られたか? 自問自答の連続です。

14歳の春、クッシング症候群と診断されてからは、私自身、できることはすべ

てしよう~と心に決めていました。散歩にご飯、介護もできることはすべて。

でも、もっとうまくデキたのではないか?、、、後悔って尽きないモノですね。




なっちゃんとそのチビたち、3ワンにとっては~初めての体験。

最初は戸惑う姿がありましたが、嬉しいことに枕元に座ったり~鼻で小梅さん

のヒゲをなすったり~~ワンコたちもそれぞれに亡くなった悲しみとお別れの

意味があったと思います。




小梅さんのカタチがなくなって初めての朝。

普段通りの生活が再開・・・・・くるくるのコートは母の形見になりました。





友人に言われた言葉・・・・悲しみにくれていると残った子たちが可哀想。

気持ちを入れ替えて、小梅さんにできなかったこと、子孫の4ワンコたちに

継承していきたいと思いました。




たくさんの皆さんからの言葉、一つ一つ、読ませていただきました。

そして心から感謝をしています。サクラ家は、元気です。

小梅さんのためにも、これからよい飼い主になろうという努力を継続していき

たいと思います。



コメント

ふくりん

No title
小梅ちゃん、旅立たれたんですね…。
今頃は家族みんなの事を優しいまなざしで
見守っていると思います。

小梅ちゃん
今までありがとう!

ちぇりた

No title
コメントの書き込みを見て驚いて駆けつけました。

小梅さんは幸せ犬生をおくれましたね。
いつも写真から愛情が伝わってきましたから。

私も今一緒にいるちぇりーといつかは別れなくてはなりません。
動物と人間、互いの人生に干渉しあう期間は幸せでいたいものですね。
SAKURA様、この度はまことにご愁傷様でした。

チャク

No title
沢山の綺麗なお花に囲まれ、こちらは快晴でした。小梅ちゃん身体が軽くなって一気に駆け昇ったんですね。
家族に囲まれ、最愛の飼い主と最後まで一緒に居られる事の他に犬は何も望んでいないと思います。
辛いですが、飼い主としての義務、責任を果たすsakura さんは、皆の模範となる立派なシュナの飼い主さんです。
とても時間がかかると思いますが、麺類ばかり食べるsakura さんに戻って欲しいですね。
小梅ちゃんも絶対そう思っていると思います。

M&R

No title
小梅さん旅立たれたんですね
悲しみは尽きないかと思います
後悔も尽きませんね

皆さまお疲れがでないよう願ってます。

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
お母さん大丈夫ですか。頑張ってね。皆んな見てるからね。

joy**o_the*wo*ld0*11

No title
小梅ちゃん、幸せな14年だったと思います。
ご家族の皆様、お疲れが出ませんように。
ご冥福をお祈りします。

fourkidsmama

No title
たくさんの綺麗なお花、澄んだ青空、小梅さんはきっといい旅たちができたと思いますね。

我が家も先住うさぎ(笑)を見送ったペット霊園にベルちゃんを送り出しました。きっと寂しくないよ。って思ってます。
小梅さんもきっとみんなが待っていてくれたことと思います。

私たちは悲しみにたくさん泣いてあげたらいいと思います。
そして残っている子供たちにたくさんの愛情を注いであげれたらいいと思っています。

さくらさん。これからもたくさんの思いをブログに送ってくださいね(´・ω・`)

小梅さん、ありがとう。

noriran

No title
小梅ちゃん、クッシングだったんですか!?
ジュニマと同じだわ。。
クッシングは死に至る病気ではないけど…体のバランスとるのが難しくなりますし。。
うちも4回の看取りがありましたが…こればっかりは慣れませんね。お寺さんに行く道だけは何度も通ったので覚えましたが。
我が家に来た時一番若くてキャンキャン鳴いていた小梅ちゃんをよく覚えています。そして7匹の赤ちゃん産んだ時も。
出産もし、子育てもし、家族に囲まれて過ごした14年は小梅ちゃんにとって最高の14年だったと思いますよ。

@SAKURA

No title
> ふくりんさん

小さいときは、大変だ~といわれた小梅さん。
リッパなオトナになったと思います。一番は、母になつたことが彼女にとっては大きかったと思います。

@SAKURA

No title
> ちぇりたさん

ありがとうございます。私がそもそも~写真に興味がわいたのもワンコたちの姿をイキイキ~撮りたい。
そんな信念からでした。いろんな楽しみがあるとわかると余計に興味がわきました。
元をただせば、ワンコたち小梅さんのおかげだと思っています。いつもありがとうございます。

@SAKURA

No title
> チャクさん

いつもありがとうございます。
少しでもいい飼い主になるため、自分自身でも努力をしていますが、なかなか~目標にたどりつくことはできません。小梅さんは私たちの家で育った子ですが、いたらない飼い主にいろいろ教えてくれました。

@SAKURA

No title
> M&Rさん

これで6回目の見送りですが、一度として満足をしたことがありません。欲目ではないですが~ワンコたちにシアワセな一生にするためにこれからも努力をしたいと思います。ありがとうございます。

@SAKURA

No title
> 信長の安土城を築城する老夫婦さん

うちのママも私同様、6回も経験もしていますが~悲しみって半減することってないと・・・・日々、努力を続けたいと思います。

@SAKURA

No title
> joy**o_the*wo*ld0*11さん

昔から長くおつきあいをいただき、心から感謝をしています。

@SAKURA

No title
> fourkidsmamaさん

ママさん、いつもありがとうございます。ベルちゃんのときは、さぞかしショックだったと思います。
小梅さんは14年、いろんな意味の14年。はじめてのシルバーも経験したので、私たちにたくさんのことを教えてくれました。これからも~がんばります。

@SAKURA

No title
> noriranさん

この春の診断でクッシングの兆候を主治医の先生がみつけてくれました。とにかくこの病気、大変ですね。
以前のジュニマちゃんの病気日記のことを覚えていて、いろんなところで参考にさせてもらいました。
一時期は乗り越えたかな~と思っていただけに残念でなりません。14年、これからの目標になりました。
ありがとうございます。

じゅりまま

No title
パパさn

今更ですが、小梅さんのご冥福を心から祈ります。
奥様の心中を思うとすぐにコメントができませんでした。

我が家においでになった時、小梅さんが元気にないて
いた姿を思い出します。

本当ですね。愛犬の旅立ちは慣れることはありません。
子孫を残してくれたママ犬をパパさんが小梅(さん)と
呼ばれているのが微笑ましいなと思っていました。

この度は、きな子の旅立ちに心のこもったお言葉を
ありがとうございました。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ