FC2ブログ

断尾と狼爪処理




昨夜は定時にあがって、2つ隣町の獣医さんのところに行ってきました。

目的はなっちゃん6ベビー'Sの断尾と狼爪の処置。

心配する母のなっちゃんも連れて、妻と私、なっちゃ、ベビーの家族での

通院になりました。



今回、初めてこの獣医さんに頼んだのは、JKC支部長さんと知り合いのブリ

ーダーさんに紹介してもらったからです。

我が家の住む神奈川ではシュナのブリーダーさんは全国的に多いところ。そ

の噂を聞くと、先生はかなりの腕とか。。




早速、診察室に通されてシッポと狼爪の処置の確認。

先生
「長さはどうしますか?」


 「はぁ~?」

これまで断尾で長さを尋ねられたの初めてのことでした。

先生の話しでは、最近は長いのが流行っている??..

やぁ~私言いました。「こういうのは伝統的な長さがあるんでは・・・」

ところが最近は伝統よりも飼い主さんの希望が優先される時代だとか。

結局、我が家はスタンダードに3関節、シッポの色違いになる部分を希望

をしました。


待つこと20分ほど・・・・

手際よく6シュナたちの断尾と狼爪の処置が終わりました。



これは今朝の写真ですが、処置後の状態も出血はなく切り口も見事に綺麗

に処置されていました。とくに驚くは狼爪の処置。

ハリのように尖った狼爪が回りの皮膚を痛めることなく無くなっていました。


どうやら~先生、噂以上の腕前だったようです。

抜糸は自然に抜けるようにしておいたから~~と説明があって、予定をして

いたより30分以上も早く帰宅をすることになりました。




これまで断尾というと、私も参加して切断作業をしていたのと違って、待合

室で待っているだけの楽ちん楽ちん。待っているときのベビーちゃんのキャー

キャー声に反応しているなっちゃん。

昨晩は何度かベビーたちの声で起こされましたが、なにごともなく朝になり

ました。




・第一子 女児 180g→ 180g→220g→250g→280g→320g→350g→375g

・第二子 男児 160g→ 170g→200g→220g→230g→260g→290g→325g

・第三子 女児 170g→ 160g→190g→210g→230g→255g→275g→310g

・第四子 女児 180g→ 190g→220g→240g→260g→295g→315g→350g

・第五子 男児 145g→ 150g→185g→210g→220g→250g→260g→315g

・第六子 女児 210g→ 200g→230g→260g→295g→315g→340g→380g


昨晩の計測、すべて300gを超えて、誕生から8日目で倍増近くなりました。

断尾の写真を速報でツイッターほかのSNSに投稿したところ、たくさんの皆

さんからコメントを寄せられました。


「初めて観ました」

「自分の愛犬もこういう時期があったんだな~」

「すごく感動的です!」


私もこういうコメントは、すごく嬉しいです。




このブログでは断尾記事は小梅の子どもたち、くるくる兄弟以来、8年ぶり

2回目のことです。

普通だったら、ペットショップではゼッタイに見れない経験ですよね~~

そんなことで、皆さんの愛犬たちもこういう時期、そしてこんな経験をした

いたことを覚えてくれたらいいな~と。






さて、ベビーたち、昨晩のことがナニもなかったように静か~に寝ています。

でも、夕べはちょっとばっかし~心配で寝不足になっちゃいました・・・(笑)

午後からこの睡眠不足で、これからが鬼門です。。







★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
写真サイトを開設しています。
(シュナウザーのいる生活)

コメント

bu-ta

No title
6ワンコ達、初の試練でしたね(>_<)
お尻と指の付け根がピクピクしましたよ~(((^^;)

momozokin

No title
断尾って聞いただけで背中がぞわぞわしますが、シュナの短い尻尾はかわいいですものねぇ…
こういう手術にも上手下手があるんですね。
モモもロッタも短くて、3関節もあったのか疑問
もしかして獣医さんの腕が怪しかった?

noriran

No title
ボノコンはホッチキスで止めてあったんです(;´д` ) トホホ
この儀式、断耳がなくなってきたように将来はなくなることを願わずにはおれません。

autumn

No title
私もはじめて見ました!
COCOAもこんな感じだったのかなーと想像しちゃいました。
ベビちゃんたち、お疲れ様!

かずゆき

No title
私は傷とか血が苦手なんで、ツイッター覗けませ~(汗)

ふくりん

No title
ふくのウサ尻尾もこんなふうに。。。
ベビーちゃん達、早く抜糸が終わると良いですね。

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
良かったですね。みなさん何事もなくて。おめでとうございます。

@SAKURA

No title
> bu-taさん

ははは~だれも人間のオトナなんて興味がない?(笑)

@SAKURA

No title
> momozokinさん

いやいや~獣医の話しを聞くと、感覚で切っているので3つ分の関節は完全には無理だと・・・・・
でも中には達人のように先生がいるんですよ~

@SAKURA

No title
> noriranさん

昨晩、オーストラリアのシュナ飼いさんから、当国は法律で禁止をされているとコメントがありました。わが日本はこういう部分から改善をしていくべきだと思います。実際、どういう方法がベストというのがないのが実話ですね。

@SAKURA

No title
> autumnさん

はい、どんなシュナちゃんでもここの道は必ず通っているはずです。将来的にはなくなることだと思いますが、これが終わると私たちも少し肩の荷がおりたような気がします。

@SAKURA

No title
> かずゆきさん

それが自分の我が子だと思うと飼い主だって強く慣れるんです。お産のほうが出血が激しいので卒倒するかもしれません。。(笑)

@SAKURA

No title
> ふくりんさん

私の知り限り、ここの先生の方法はシュナのではなくプードルのやり方だと思います。でも、すごく綺麗で手順もよかったのですごく満足をしています。

@SAKURA

No title
> 信長の安土城を築城する老夫婦さん

はい、おかげさまです・・・・これで少し肩の荷が降りました。

じゅりまま

No title
いい先生に巡り合え、無事に断尾の儀式(?)オペ?
が済んで、いっちょまえのシュナの仲間入りなのですね。
おめでとうございます。

子供の頃は柴犬とコリーで今はダックスなので
愛犬の断尾を経験したことがなく、なんだか可哀そうな
気がしないでもないのですが。

きっと、自然じゃいけない理由があるのでしょうね。
偉かったパピー達にナイス☆ポチ

M&R

No title
シュナを飼うまで断尾のこと知りませんでした(^^;
知ったときはえ~
見た目のためにするのならちょっと可哀そうに思ってしまった私です

@SAKURA

No title
> じゅりままさん

もともと、家畜の害虫駆除のために作られた犬種だからだそうです。よって、害虫対策にシッポを着るのは伝統的にされてきたということです。きっとそのうち、亡くなると思いますが、伝統も一つの大切な要因だと思って、今は従っています。

@SAKURA

No title
> M&Rさん

そうですよね~~ しかしながら、犬の断尾って意外に多いことt@あります。コーギー、プードル、テリア系もありますね。だいたい、猟犬は切ってけが対策をするようです。可哀想な部分もありますが、この時期だからこそ~痛みを少なくしてやってあげる必要があるんですね。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ