FC2ブログ

ダブルバインド





今朝の散歩は4日ぶりの写真撮影ができるくらいの晴天が戻りましたね・・・



犬との生活の中で、気温差、そしてこの天気の善し悪しは影響が大きいと思います。


私は朝一番に起きて、窓を開けてその日の天気と気温を確認します。 14年、繰り返し続い

ているワンコ馬鹿の法則のようなものかもしれません。。





ブログを書くようになるとそれが一段と助長されたというか・・・ 毎日の生活の記録がこんなに

心地よいとは思わなかったのが本音ですが・・・ 皆さんも同じような感覚をお持ちでしょうか。





さて、今日は聞きなれない犬社会の言葉についてちょっと触れたいと思います。


「ダブルバインド」


実はこれ、人間社会における精神額的な専門用語だそうです。

「ダブルバインド」を逐語訳すれば「二重の拘束」となります。他人の言葉を単純に解釈してそ

の通りにしたら、その真の意図に反してしまい、逆に怒られる。その後も真の意図が明確に言

語化されることはなく、怒られた人は「一体どうすればいいの?」と途方に暮れてしまう。 これが

ダブルバインドの状況です。




犬に対しては、とくにこの状況が続くと、犬は飼い主の言うことを聞かなくなるというのが定説で

す。 言うとおりに行動しても、叱られる。。 矛盾を感じることなんですね。

犬の躾の中で、初歩の「呼び戻し訓練」というものがあります。 これが習慣づいている犬でさえ、

ダブルバインドを起こしてしまうのは、当然のことです。




俗にいうところの、体罰はナニも生まない。。


つい、カッとして手が出てしまった経験は、私自身もないといえばウソになってしまいます。

犬の訓練をするにはいろんな知識や会話の出来ない犬とは心の信頼関係しかないんですね。

一生懸命に主人の命令に忠実にしているのに。。。今の気持ちを察すると、矛盾を感じるのも

無理のないところです。





はじめて犬を飼う人には、ここの教育ってとても大切だと思います。

そしてはじめての経験に対して、私たち人間も初体験という真摯な気持ちを持っていたいものです。


私もブリーダーとして、里親さんにそれとなしに話しをすることがあります。

私は、運よくいいヒトたちに恵まれたので、私たち実家の立場を理解してくれました。。


それが友人たちは話しを聞くと、そういうヒトばかりではありません。

以前に小梅の兄弟の里親面接をしたときに、先住犬の躾を見てお断りをしたことがあります。

犬たちにとっては、里親さんたちはその子にとって大きな条件になるのは言うまでもありませんね。




朝、少し芽が大きく成長した、スイセンの蕾が雪にも負けずにシャンとしていました。。

もう少しすると、スイセンに梅、チューリップも成長するようになったら、もう春の暦に変更をしたいと

思いました。


コメント

ふくりん

No title
難しいですね~
ふくと矛盾を感じてる時があるんだろうな。。。って思います。
いつでも、行動には意味がある事を感じてないとダメですね。

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
なかなかしつけはできません。でも我がワンは賢いと思ってますものね(笑)。今日も手先が冷たいです。春よ来い♪。。。

なつなつ

No title
しつけは、難しいですよね。
ワンコによって変えないといけないですしね・・・。
でも簡単にうまくいかないのが、信頼関係を築けてまた良いのかも(*^-^*)

ナナママ

No title
飼い主さんの心構えもありますよね。
よくバカ犬と言われていてもちょっとしたコツで賢いワンコに。
何事も根気よくでしょうか。

@SAKURA

No title
ふくりんさん

ボクもいつも感じるのは、ワンコってものすごく繊細でいろんなことを考えていると思います。せめてストレスがないようにしてあげたいと思います。

@SAKURA

No title
三冬ママさん

関東も寒い一日でした。躾、最低限のことだけはお互い、しておきたいですね。

@SAKURA

No title
なつなつさん

最後は信頼関係って大切ですね。うちもその子によって手段を考えていてもなかなか~これは難しい。。(笑)

@SAKURA

No title
ナナママ

そうですね~! せめて人様に迷惑をかけないようにしたい。
そしてママさんのところのようにランとドックカフェの出入りは
したいと思いますよ。。(笑)

ラムチャ

No title
先日、志村動物園でブルのミルコが余命3か月で全身に転移しているガンに冒されていることを知りました・・そしてハイジがミルコの心と読みとったのを聞いていて 人間が言った悪気のない一言でもワンコにとって悲しみに暮れてしまうこともあるんだと。だから私もラム茶が何気なく言った言葉に傷つかないように気をつけなくてはと思い注意するときも言い回しを変えるようにしました。特にラムは相手の事が見えていない分、会話にすれば電話で話しているのと同じような感覚、と思い気を付けています。

かずゆき

No title
私も天気が一番気になり、翌日が雨予報なら寝る前にもう一度散歩に行き
翌朝も目覚めて一番最初の行動は、天気と路面も確認です

「ダブルバインド」

我が家の場合、ティーナが幼少の頃に悪さして叱る時に
『おいで!』と呼び寄せて叱ってしまったので、今でも『おいで!』と
褒めたり遊ぶ時に声を掛けても全く来ない子になってしましました
なので普段から名前で呼ぶと来るので、『おいで!』が禁句になっちゃいましたわ

fourkidsmama

No title
シンディーも、「おいで」って呼んでゲージに入れていたので来なくなったんですね!そうだったんだ・・・
可愛そうなことをしました。反省

@SAKURA

No title
ラム母さん

不思議と年齢をとっているワンコたちは私たちの言葉をどこかで理解しているようなところがあります。サクラ、半分くらい?理解していたと思います。言葉も注意ですね。

@SAKURA

No title
かずゆきさん

そうそう~誰でも知らないとそうなってしまいます。。
言葉を選んであげる、、、これは長く家族でいるから必要なことなんだと思います。

@SAKURA

No title
シンディママさん

皆さんに少しでも情報、犬のことを理解してもらうと嬉しいです。
叱り方、まるで子供たちと一緒なんだといつも思います。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ