FC2ブログ

チョコな話






世間ではバレンタインディということで、ここ一週間はその催事で街も賑やかになっているとか。。

チョコレート、子供時代だったらともかく、現代ではそんなに高価なものではなくて大衆のお菓子

になっていますね。。  いい時代ですよ!



私には経験がありませんが、田舎の母が戦後当時、ギブ・ミー・チョコって本当にあったみたいです

からね。


さて、ワンコにとってはこのチョコレート、食べられない一つになっていますが。。

そのことについて、獣医さんの特集ページから、少し転載することにしました。




「犬がチョコレートを食べたら中毒になる」という言葉は耳にタコができるほど聞くが、

実際どれくらい食べたら問題に発展するのかということに関する記事は見当たらない。


チョコレート中毒の「犯人」はテオブロミン(Theobromine)である。


犬のテオブロミンの中毒量は記載されている用量に差があるが平均すると100-200 mg/kg

程度(LD50 :240-500 mg/kg)である。基本的にチョコレートに含まれるカカオ成分が多

いほどテオブロミン含有量も多くなる。具体的に市販されているチョコレートにどれくら

いテオブロミンが含まれているかというと・・・

-ミルクチョコレート   :154mg/100g
-セミスイートチョコレート:528mg/100g
-ベーキングチョコレート :1365 mg/100g



もう少しリアルに解説するとチロルチョコ (10円の商品)1個中に約14mgのテオブロミンが

含まれている。


例えば体重5kgのダックスがチョコレート中毒になるためにはチロルチョコを約50個食べなけ

ればならない算数となる。




この手の話しは、犬のタマネギも似たようなところがあって、タマネギの致死量は4個。

そんなに食べることはないというのが現実です。



でも、悪いというものを食べる習慣はありえなく、できる限り安全なモノを食べさせたい・・・

これは誰も考えるところです。 もし、ナニかのときに愛犬がチョコ1個を食べた・・

そういうときこそ、この話を思い出すといいと思います。

慌てないで、できるだけ吸収する前に吐かせる手段をとることが大切です。





より正しい知識をもっていると、イザのときに慌てることなく適切な対処方法が講じられ

ること、これが一番肝要ですね。


さて、今朝は雨上がりの濡れた散歩道を半分だけ歩くことができました。

昨晩、積雪の心配もありましたが、神奈川では少しみぞれが混じったものの、積雪はまった

くありませんでした。。





ただ、気温は氷点下まで下がったようで、雨の露? と思ったものが実はカチンコチン~と凍っていました。

ウチのマンションの駐車場では、前向きと後ろ向きに駐車する場合は、まったくこの凍る度合いが違うん

です。




なっちゃん、逆光で写真をとると、まるで暗闇の黒人のように真っ黒になってしまいます。。

それでも天気がいいというだけでも、散歩は楽しいですね。 あと1ヶ月もすれば、コート薄手に

なって春の季節を楽しめるといいですね。



昼間の暖かい時間はセーターを脱ぐと、ワンコたち・・





やれやれ~といった顔をするんです。。 やっぱり犬だって厚着はイヤ~ですからね。。






コメント

あゆ

No title
身内用(旦那・息子・父・妹の旦那・甥っ子)のバレンタインデーのチョコをついこの間、買いに行ってきました!!
旦那さんと息子以外は、14日には渡せなさそうです・・・。

子供達もよくチョコを食べるので注意してます!!
クウは、食べ物敏感なので・・・(苦笑)

ぽけ

No title
やばっ、にチョコ、用意して無いやー
でも、パパはカロリーを気にするようになってから、あげてもここ数年は食べてくれなかったし
くらのすけもチョコをそんなに食べる方じゃないんだよね。
知らんぷり、しちゃおうかな~?

知り合いのワンコが、あの東日本大震災の時におうちで一人で居て、多分慌てて息子さんの部屋に
かけ込んだのは良かったんだけど、運悪く息子さんの部屋に大きなチョコの箱があったようで
全部食べてしまったんだってー

かなりヤバイ状態になったそうだけど、運良く一命を取り留めたのよ

おうちの中で自由に放し飼いをしているお宅は、より気をつけた方が良さそうですね。

ナナママ

No title
こちらは朝うっすらと真っ白になりました
積もらなくて良かった。
昔はねこまんまご飯と言って味噌汁をごはんにかけてあげていました。その中身はネギ、玉ねぎも入っていたと思います。
今は絶対あげませんが・・・
気を付けるのが無難ですね。

わさび母

No title
ワンコの病気について書いてあるサイトでも、「玉ネギそのものを食べなくても、煮込んだスープのエキスも危険」なんて書いてありますものね。私も、玉ねぎといっしょに煮込んだ肉や、チョコレートケーキをわさびが食べた時にはかなり心配しました。

でも昔、実家で飼っていた犬はチョコレートを喜んで食べたりしていたなあ、なんて…(^_^;)
知らないということは恐ろしいですね!!

SAKURAさんのようにワンコ経験が豊かな方がこういうことを書いてくださるとほんとに頼りになります!

mamachan

No title
以前にチョコレートスプレッドをルーシーが食べて、病院へ行ったら獣医師にこっぴどく叱られました。これは飼い主の責任云々で注意されたんだと反省しました。
ちょっとした気の緩みに注意ですね。

夫と息子はチョコを食べて、其々の地へ戻って行きました。
残ったのはあたくしが食べるということで…@@

愛犬プク

No title
チョコレートをあげたことはありませんが、
中毒を起こすことを知りませんでした

いやー無知って本当に怖いです。今後も勉強させて頂きます

ふくりん

No title
先ほど、社長にチョコを渡しました♪
甘いもの好きの社長なので、素直に喜んでくれるので嬉しいです。

それくらいかな~
義理チョコは(笑)
今日は、ケーキでも買って主人と一緒に食べようと思います^m^

noriran

No title
たぶん若い子たちはセーターいらないんじゃないかなぁ??りっぱな毛がありますからね。セーターやコート、シニアになってからで全然いいかと。。。
食べちゃいけないものいろいろありますよね。意外と平気かも…と思いつつ食べないにこしたことはない!と思ってます。というかウチの子たちはチョコに反応しなかったなぁ。。

@SAKURA

No title
あゆさん

お子さんがいるうちはお菓子とかでも、ワンコたちには毒になるものもあるので大変ですね。パパさん、お仕事で出張なんですよね。
家族と離れて仕事をされているのは大変なことです。帰宅したからバレンタインディのやり直しですね。

@SAKURA

No title
ぼけさん

毒化するものはとくに手元においておくのは危険ですね。ふたのついたものに収納が必要だと思います。ウチもよくチョコを食べますが、ワンコたちには興味がなくて助かっています。
今日は、用意できたかな。。

@SAKURA

No title
ナナママさん

それでも昔のワンコたちは10歳くらいまで元気でした。
たくさん食べなければいいものって覆い様な気がします。でも、できるだけ食べないに越したことはないですね。

@SAKURA

No title
わさびママさん

さすがに経験はあってもチョコへの対応は吐かせるしかないです。手をこまねいているうちに急変でもしたら大変ですからね。
ワンコに対しては躊躇をすることなく、とにかく早く処置がよいと思います。

@SAKURA

No title
ママちゃん

パパさんたちもすべて消化をしないと。。。。(笑)
そりゃ~獣医さんだって、手がつけられないところもありますからね。起こる獣医さんは信頼できるヒトだと思います。

@SAKURA

No title
プクパパさん

あーーー、よかったです。一人でも参考にしてくれるヒトがいることは、
事故も少なくなってワンコたちにも少しは、奉公できたということですね。。(笑)

@SAKURA

No title
ふくりんさん

うんうん、あんまり手を広げてもね。。。(笑)
ウチの社長は職員全員にチョコを購入して配っていました。。女性の社長なんですがそういう気配りも嬉しいですね。

@SAKURA

No title
noriさん

ウチもチョコは食べたいという表情をしたことがありません。毒?という感覚があるのかもしれません。セーターは寝るときだけですよ。トリミングを1ミリでしているので1週間だけは健康管理のために適切に着せています。

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
我が三冬も何年か前に綺麗に包装をむいて食べていました、心配したけど何もなく安心したこと思い出しました@@@

@SAKURA

No title
三冬ママさん

毎日、どんな生活をしているのか?うたがいたくなりますよね。。(笑)
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ