FC2ブログ

頑張った6ヶ月





昨日、ワンコ日記に書いた、小梅の祖父、サクラの旦那さんのココア君が亡くなりました。

皆さんのお見舞いと応援のコメントは本当に嬉しかったです。

享年14歳と2日。 飼い主さんのココア君ママさん、そして遠く中国に出張で出かけているパパさんも

さぞかし悔しい思いをしたと思います。


今朝、8時前に電話で危篤を知らせる連絡がありました。 私は仕事があったので、妻だけ友人と急いで

駆けつけたときは、もうすでに息がありませんでした。

本当に悲しいですね。


12年前、ココア君のブリーダーさんを介して、彼とサクラとの縁談がまとまりました。

はじめてのことということで、柴犬のブリーダーをしている妻の叔父さんに立ち会って、交配したのが今でも

思い出に残っています。 4月、予定日より4日早く妊娠60日ちょうどで7ワンの可愛いベビーが授かりまし

た。 当時、ココア君1歳半、サクラが2歳の若い夫婦の誕生は我が家SAKURA家のスタートとなりました。


ココア君の病名は、早くいって癌。 血管付近にできた腫瘍が肝臓、胆嚢、そして周りの内臓に転移したよう

です。 病気が分かってから、6ヶ月。 一時は3ヶ月の命と宣告されましたが、新しい技術の治療と献身的

な飼い主さんの介護もあって、6ヶ月も頑張ってこれました。




癌、本当に憎たらしい病気です。

我が家も2年前にサクラを乳癌で亡くして、癌にしない食事、生活習慣を家族で考えてきました。



人間の医学では、がん治療もかなり進んで、癌に対するワクチン接種もあと一歩のところで可能な時代に

なってきました。

しかしながら、未だ、動物の世界ではまだまだ、研究も進んでいない状態。

早く、技術、研究が進んで、癌に対する治療が確立してほしいと思うところです。




愛犬を亡くすることは、悲しくて辛いことです。 

私が5年前に愛娘すみれを亡くしたときは、悲しくて悲しくて毎日の生活もままなりませんでした。


このブログのたくさんの友人から、励ましの言葉や応援のコメントをもらいました。

今になって分かることですが、いくら悲しんでも愛犬は戻ってはこれません。

それより、今、私たちの目の前にいるワンコたちを大切にすること。 そして、次こそ癌にならないワンコ

にしてあげることが仕事だと思っています。





ココア君とサクラは、私たちにたくさんの子孫を残してくれました。

その子孫を大切にすること、そして病気にさせないことが一番の彼ら、彼女たちへの供養になるのではな

いでしょうか。。


最近、くるくるが祖母のすみれ、曾祖母のサクラによく似てきました。

そんな顔をみているだけでも、心の中から普段の生活が大切だと思いますね。。



コメント

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
ココア君の冥福を祈ります。我が近くでもワンの介護をされてる方がいます、みんな頑張っておられます、まだ家族がおられる方は幸せです。
ブログで知り合ってたくさんのお友達とお話で来て毎日が嬉しく思います、ワンの亡くなったことを聞くとたまりません、我がことのように
涙が出ます、ママ、パパさんご苦労様でした。ココア君のご家族にもよろしくお伝えください。

すみれ

No title
わんこがいなくなる・・・つらいでしょうね、考えただけでも。
なんだか重たい気持ちになります。ココアくんのご冥福お祈りもうしあげます。

3わん。の健康一番ですね。

今年もよろしくおねがいします。

ふくりん

No title
ココア君のご冥福心よりお祈り致します。
半年の闘病生活、ママさん達の気持を考えると辛いです。
きっと今頃、虹の橋で見守っていてくれてると信じてます。

@SAKURA

No title
みあるさん

ありがとうございます。。長くわが子と同じくらい分かっている子って辛いです。とくに数日前に病院に連れて行ったときのこと、ちゃんとコッチを見ていたのが思い出されます。
命、本とうに儚いですね。

@SAKURA

No title
ぼけさん

自分たちの病気だってわからないものを愛犬のものを発見することの大変さってあります。できるだけ、検査、検診をマメにしてあげるくらいしかないですね。愛犬は入院して無事に帰れることって本当に大変なことだと思います。

@SAKURA

No title
noriさん

とくに数日前まで元気でいると急変は飼い主だけでなくびっくりします。それだけ危険な病気であることを理解しなくてはいけないですね。病気に対する予防と治療方法を早く確立してもらうしかないですね。

パパさん、メールが到着するのに12時間もかかったそうです。
中国って本当に安心して仕事が出来ない場所なんですね。。
ありがとうございます。

@SAKURA

No title
ラム母さん

ココア君とサクラとあと二人が当時、毎週のように公園で遊んだ仲間だったんです。それが縁となって交配、子犬に恵まれて・・・・私たちもはじめての経験だっただけに悔しい気持ちが残ります。
サクラ、迎えにいっていると思います。天国でまた仲良く暮らせるといいですね。

@SAKURA

No title
なーがさん

ありがとうございます。
癌、人間も動物たちにもこの病気は一番早急に解明してほしい病気ですね。犬の場合の発ガン率ってすごい数なんです。。

@SAKURA

No title
ゆかちゃん

うんうん、それを考えてくれれば私もこの記事で皆さんの自分の愛犬を大切にしてもらうことが嬉しいことです。。

@SAKURA

No title
かずゆきさん

ウチは4回、交配と出産をしてきましたが、いまだに良かったのか分かりません。たくさんの里親さんたちと出会えたことはよかったですが。。これは、永遠のテーマかもしれません。
ただ、こういうときは寂しさだけは、愛犬の形見があるのは心が穏やかでいられるのは事実ですけどね。

@SAKURA

No title
ピロママさん

いつかはくると分かっていても、想像を絶する大変さ、悲しさ、心の中が張り裂けそうになる経験は、これほどのものかと思いますよ。

@SAKURA

No title
brownie mamaさん

17歳はすごいですね。でも、心臓発作に至った病気が必ずあるはずです。。できれば、悲しい最後だけは見送りたくないと思いますね。ありがとうございます。

@SAKURA

No title
アトムママさん

ウチも昨晩、同じような話をしていました。
癌、本当にやっかいな病気です。ここのところ知り合いや仲間たちの犬も癌のケースが本とうに多くて、この病気を克服できればきっと長生きがもっとできると思いますよ。。

@SAKURA

No title
三冬ママさん

ありがとうございます。
とくにはじめての子や一人で飼われている飼い主さんのショックはかなりのものだといわれますね。。
三冬ちゃんもくるくると同じ年でしたね。。これから病気が多くなるだけに生涯を全うできるようにがんばりましょうね

@SAKURA

No title
すみれさん

今年もよろしくお願いします。
ワンコといっても家族ですからね。とくに、これから年齢がふえるとやはり病気のことだけが心配です。

@SAKURA

No title
ふくりんさん

ありがとうございます。サクラ、喜んで向かえにくると思います。なんといっても旦那さんでしたからね。
生きているときに、本当に仲良しでいいカップルでした。

あっ君ママ

No title
ココア君頑張って治療していたのに、
とても残念で悲しいですね。
でも、14年生きて沢山の宝物を残してくれたんでしょうね。
その宝物がココア君の飼い主さんの心の中にそして、SAKURAさん家の家族として今もこれからもずーっと続いていくんですね(*^^*)
ココア君安らかに!

fourkidsmama

No title
公園での出会いが本当に子孫繁栄につながったなんて素敵でしたね(^・^)
ココア君のご冥福をお祈りします。

@SAKURA

No title
あっくんママさん

お返事がおそくなってすみませんでした。
本当に自分の家族ではありませんが、サクラと多くの子孫を残してくれた彼のことを思うと残念でなりませでした。。

@SAKURA

No title
シンディママさん

偶然というか同じ犬種ということで飼い主同士も友達以上の付き合いをさせてもらっています。。それでもつなぐサクラとココア君がいなくなるのは悲しいです。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ