FC2ブログ

健康ってすばらしい!

今朝は秋起きたときに暗くて、外に出るまで気温の予測が立ちませんでした。

私たちの住む地域は神奈川県でも、湘南海岸とは異なり山沿いに位置しているために、山の影響がその

まま気温に反映される・・・・というわけです。 





数日続いた残暑ももうすっかり~影を潜めて・・・  今朝は18℃。。 半そで短パンの格好で朝の散歩は

少し無理な季節になってきました。。(笑) 




全国の皆さんのところでは、どうでしょうか?  夏がこれだけ長いと秋から冬にかけて、どんなコスチュー

ムで歩いていたのか、忘れていますよね。。 そんなことで、春先のときのことを考えて散歩も衣替えの準

備をしなくてはなりません。。





昨日の散歩のときに、ふっと思い出したとこがあります。

今回の4連休のあとは、私だけでなくワンコたちも普段の生活を取り戻す必要があります。

とくに、小梅の祖母、サクラが一人生活をしていたときは、。それは~それは~心配でした。



今にしてみれば、サクラほど心配の少なかったワンコはいませんが、最初のころは妻も共稼ぎで

サクラは一人8時間以上も留守番をさせたことがありました。





当時、サクラはまだ幼少時。 それこそ病気の心配はありませんが、その後、病気を患ってからは

それは一人で留守番をさせることも2時間でも心配でした。


幸い、我が家は3年前に妻が仕事を退職して、それからは留守番をする機会が少なくなりました。

でも、皆さんの中では多くの人たちが未だ、留守番生活をしているワンコたちがいると・・・・その心配

肌で感じるように理解できます。





以前にワンコ先輩のある人が、共稼ぎでシルバーを飼うことの難しさを話しをされていました。


先日、小梅たちの予防接種のときに担当の獣医さんから、 


「みんな変りはないかな?」


と声をかけられました。  思えば、サクラがいた当時2週間ごとの通院を2年半していた時期がありました。

今、うちの3ワンコは病気もかかっていないし、変んな症状もなく健康そのもの・・・♪



昔の闘病生活の経験があるからこそ、現在の健康のありがたみが分かるというものですね。。



いつかは・・・・  病気になることもあるでしょう・・・


また、いつかは怪我をする可能性だってあります。


そのとき、今までの経験が少しでも生かせるような心の準備は必要ですね。


でも、健康って本当にいいものですね~!



そして、若いってすばらしい!!


それの心のポケットにいれて、用心深さを忘れないようにしたいと思いました・・・






ススキの穂って成長するんですね。 2週間前にはじめて観たススキの穂が2倍近く大きくなっていました。

コメント

bu-ta

No title
私もずっと一人でお留守番状態ですが、病気をすると心細いものです!
健康を心掛けて、いつも元気にしていたいものです♪

かずゆき

No title
うちは祖母もいるので、ワンコが一人でお留守番という事が無いのが幸いです。
また私の職場が近いので、いつでも見に帰れる安心感が大です
っていうか、嫌なことがあるとワンコ抱きしめに帰りますが

今年の2月に私も生まれて初めて入院しましたが(腸閉塞で)
健康でいられる事、口から食事が出来る事、当たり前の生活が出来る幸せを実感しました。
入院生活で一番辛かったのは ワンコ達に会えなかったのが一番寂しかったです

browniemama

No title
今思えば子犬~6才くらいの一番遊びたい時に10時間もの留守番生活だったわが子。今はたとえ飛行機にのろうがカバンの中だろうが一緒にいたいと思ってるようです…。健康、本当に一番大切ですね。今わが子の白内障の手術をするかどうかで悩んでいます。日本では設備や費用、効果の面から手術される人は少ないと聞きました。バンコクでは費用は半分、設備も整っている病院ですがわんこの立場になってこれからよく考えてみたいと思います。なにかアドバイスいただけるようでしたらよろしくお願いします。

@SAKURA

No title
bu-taさん

お留守番のわりには自由行動が多いですよね。それに天真爛漫?(笑)

@SAKURA

No title
かずゆきさん

そーですね・・・近くにいるだけでも気分的には違います。
ウチも14年、愛犬との生活をしていて健康でいることの大切さ、そしてこれから迎えるシルバー生活も楽しんで過ごしたいと思いました。

@SAKURA

No title
browniemamaさん

ありがとうございます。知らないこととはいえ、長い時間、一人にさせるって可哀想でした。最近は妻がいてくれているだけでも仕事に安心して打ち込めます。。もっとも、かなりブログの時間も長いですが。。(笑)

白内障は、一度専門医と話しをしたことがあります。
眼科の世界では、犬の角膜がなかなか~剥がれないというのが大変な理由だと聞きました。
もう一つは誤診?似ている症状も多いそうです。私がアドバイスをできるのは、まずは専門医と相談することをオススメします。

ふくりん

No title
我が家も最初から、お留守番を強いてしまったからやっぱり日中の事を考えると可哀想な気がします。
その分、休みの日はどこに行くのも一緒!を常としてます。
ふくもそれが少しは分かっているかな~

@SAKURA

No title
ふくりんさん

ふくちゃんは賢いから、わかっていると思います。
ただ、月曜日は辛いですね。ウチもサクラ一人のときは本当に可哀想でなりませんでした。

M&R

No title
家の子も来た時からお留守番させてます。上の子が2ヶ月で置いておくのが心配でしたが今まで健康で暮らしてくれたからこそですね
年齢が行って来てるので温度だけでも快適にと心がけています

@SAKURA

No title
M&Rさん

だれがなんと言おうとレオ君を現在まで病気にさせないで育ててきたことはたいしたものだと思います。うちのサクラも癌にさせてしまって、悔いが残っています。これからは小梅以下、子どもたちにはレオ君と同じ年代まで元気で過ごさせる為にあらゆる手段で亡き祖母たちのリベンジと思います。留守番は辛い思い出が多かったですが、楽しいこともたくさんありましたね。

noriran

No title
留守番!!ジュニマは生まれて3ヶ月から一人留守番でした。
おかげで偏屈な性格になったのかも。。
でも帰って来た時のあのうれしがり方は…たまりませんでしたね。
今は留守番無しになったけど精神的には弱くなったかも。留守番させると大人になる気がします。

@SAKURA

No title
noriさん

すばらしいコメントをありがとうございます。
たしかに学ぶ大切さってあると思います。うちもサクラたちはそうやって大人に成長したのかもしれませんね。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ