FC2ブログ

命の色




昼になって、夏のような太陽がふりそそぐ日になりました。


先週末から小学校の運動会の季節ということで、我が家の地域は土曜日、無事に終えたようです。

ところが、関西のブログ友達の子供たちの運動会が、今日も中止ということで2回も延期になったそうです。

我が家の娘ちゃんは、大の「雨オンナ」・・・

  最高で3回も運動会が中止になった経験があります。



子供さんの生の姿、親御さんとしては永久保存をしておきたいですからね。。。

この週末は関東では、天気が安定しつつあるようなので、関西もどうぞ3度目の正直を達成してほしいと

願っています・・・ 







さて、最初の写真は、カンナの花。 我が家のくるくるの一人娘のカンナちゃんに因んだ花を隣の菜々ち

ゃんのお母さんが種を植えて、苗にしてくれたものを我が家にプレゼントしてくれたものです。


私、いままでカンナという花がどんな花なのか正直、よく理解をしていませんでした。



今から一年前、10月15日にくるくるの娘、カンナちゃんは誕生しました。 それから6日間、小さな命の炎

を私たち家族は必死で守ろうとしましたが、残念ながら短い寿命を閉じてしまうことになりました。





命の尊さ、たった6日間でも、カンナちゃんが私たち家族に残してくれたモノは大きいものでした。

そのカノジョの誕生と命日を前にして、カンナの花が咲いてくれたのは、本当に嬉しいことです。

このブログ友達のみあるさんが作ってくれたカレンダーにも、ちゃんとカンナちゃんが載っています。





その後、カンナちゃん亡き後、その後継として迎えられたなっちゃんも、カンナちゃんの誕生日とほぼ

同じ10月19日にお誕生日を迎えることになります。



これまで、サクラ以来、自分の家系にこだわってきた私と家族たち。

今回、そんな事情でなっちゃんを迎えて、いろんな勉強をすることになりました。


その中で一番大きな収穫は、カノジョの持つ命の躍動感。。 とにかく、カラダ、精神力、生きる力の強さ。

なっちゃんのブリーダーさんは、その世界では有名なシュナのブリーダーさんですが、何年も苦心をされ

てこの血統を作ってきたことを想像されてくれます。





血統、、、 ひとことで言うことは簡単ですが、そこにはブリーダーさんの愛情の結晶、そして苦心と苦悩

をDNAに残して、何年もかけて作ったことを想像します。 そして、その集大成の一つがなっちゃん。

我が家もこれから彼女の命の強さを後世の子孫たちに繋いで行くことが、亡きサクラをはじめ愛犬たち

への恩返しだと思っています。






カンナの花の赤色は、命の炎の色。。 今朝、咲いたばかりのカンナの花を観て、そう思いました。

コメント

みある☆

No title
あの激動の1週間・・・あれから1年が経ちますか
カンナちゃんの旅立った後の悲しみは、なっちゃんがしっかり癒してくれたんではないでしょうか
胡桃ちゃんもSAKURA家の皆さんも、そしてブログでこうやってお話できる私たちも

このカレンダーの写真、使うか正直迷いました
でもこの写真、いい写真ですね・・・
今見ても泣けてきちゃう

なっちゃんの誕生日、しっかとメモしました(笑)(^^)v

めし使い

No title
カンナが咲いたのを見てまた思い出して泣きそうになります。

長い短いに関係なく家族だった日々は大事な思い出ですね。

4枚目の写真、とっても素敵ですね!
モノクロのように見えて、首輪の色がシックになっていますが、加工してあるのですか?

ピロママ

No title
あれからもう一年ですね。。。
お腹の赤ちゃんが女の子ならカンナちゃんにしようっと言っていたら、さくらさん家のカンナちゃんも誕生し...
私の心にも深く刻まれています。

愛犬プク

No title
悲しみだけの一年でなく、なっちゃんが新しく仲間に入って、小梅ちゃん、くるくるちゃんとも仲良く、新しい思い出をたくさん作ってくれた一年であったことが何よりですね。

@SAKURA

No title
ベルペロママさん

これは経験したものでなければ、実感がわかないものですね。

@SAKURA

No title
べるぺろママさん

もう一年・・・・写真展も11月でしたもんね。それと12月は岡山に行く予定が大阪に変更になって再会できないですみません。
そのなっちゃんもこうして無事に成長ができて、里親としての責務も果たせたとほっとしております。

@SAKURA

No title
みあるさん

この記事、どうしようかと思いましたが、みあるさんのカレンダーを観て、皆さんに支えられた一週間を思い出して書くことにしました。
わずか1週間、写真も200枚あまりですが、私たちの心にはちゃんと彼女が生きています。ありがとうございます。

@SAKURA

No title
めしさん

ありがとうございます。皆さんが私たち家族の思いを少しでも共有されていることの嬉しさ、すごく感じます。
写真は、なにも修整ほくわえていません。カメラが一眼だとまた違った雰囲気になるみたいですね。

@SAKURA

No title
ピロママさん

そうでしたか・・・・この一年でショーちゃんも大きくなり、我が家ではなっちゃんがすくすく育ってくれると、やはりあの時の無念を思い出します、生きれる命、あると思います。カンナの分までなっちゃんに愛情を注いであげようと思います。

@SAKURA

No title
プクパパさん

ありがとうございます。この決断には大きな勇気がいりました。
ただ、私の考えを家族に話しをするとみんなおなじ考えをもってくれたことが嬉しかったです。

mamachan

No title
そうですか・・・もう1年経つんですね。
命を授かるってすごいことですよね。
我が事のように色々と思い出します。

くるくるちゃんがカンナちゃんを見つめている写真、いい写真です。

M&R

No title
かんなちゃん駆け足で燃え尽き早1年が経つんですね。
真っ赤な命そうですね。かんなの花が咲いたのも私はここよ~と教えてるように思ってしまいました(*^_^*)

あっ君ママ

No title
カンナちゃんの命は短い命だったかもしれないけれど、なっちゃんがしっかりつないでくれているんですね。

@SAKURA

No title
ママちゃん

その節はいろいろとお世話になりました。そして写真展からも1年。
あのときの楽しい一日がいまでも思い出されます。いつか皆さんでまた会いたいですね。

@SAKURA

No title
M&Rさん

その言葉、なんとなく本当のことのように感じました。赤い色の似合う、可愛い子でした。いつも、生きていてくれたらといつも思い出します。

@SAKURA

No title
あっくんママさん

ありがとうございます。我が家でもすでに4回の悲しい経験をしていてそのたびにリベンジが増えているんです、いつか絶対にリベンジしたいですね。

No title
カンナちゃん。
幼いまま逝ってしまい、本当に短い命だったけど、
くるみちゃんがカンナちゃんを身籠った瞬間から、
かけがえのない思い出が誕生していたのですね。

子孫誕生を切に願っていた、さくらパパ一家の思いを知れば、
くるみちゃんの妊娠から、カンナちゃんの思い出が始まり、
初産の子の情報を知っていても、どんなにがっかりしたか、
口惜しかったか解ります><

昨夜、きくの避妊手術が無事に終了しました。
でも、みみの時(子宮に病気があったので、結果、手術して良かった)とは違い、
きくの術後は泣けてきました。
こんな気持ちになるのも覚悟はしていたけど、言葉にできません。
後悔とは違う、ただ、私達がきくを家族と言いながら、
家族にはできないことを強いた気分で、切ないです。

くるみちゃんが我が子を見つめている写真、いろんな感情が湧いてきます。
母犬だけが解ること、感じていること、あったかと思います。

何より貴重な写真が残せて良かったです。
カンナの花が咲く限り、カンナちゃんはさくらパパさんの心に生き続けますね。

fourkidsmama

No title
そうでしたね…思い出されます。
シンディーがもうすぐ出産時期に入るので、さくらさんの記事はいつも見せていただいてました。
小さな命、精いっぱい生きた命でしたね。

@SAKURA

No title
きくママさん

犬も人間も出産、そして妊娠期間の思いは同じです。
どんなに待ち遠しく待っていてもこういう事態はいるものです。予想ができない悲しさ、そしてショックはあるものです。

でも、生きられない命ってあることも知りました。なっちゃんを迎えて、これほとせの命の強さを持った子がいることも知ることで次からは我が家の家系もなっちゃんの強さを補強として強くなりたいと思いました。ありがとうございました。

@SAKURA

No title
シンディママさん

ありがとうございます。出産前に悲しい思いをさせてしまいました。
でも、我が家家族にはせいいっぱいの6日間でした。
これをいい教訓にして強い家系をはぐくむことを学びました。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ