FC2ブログ

黒い子だからアトピー?

ブログを通して、たくさんのワンコ友達といろんな情報交換をしてます。

昨日も、とあるワンコ仲間の記事で、犬には足の裏しか汗腺がないの? という記事を拝見しました。

ここのところ、夏の終わりになって、愛犬たちの皮膚ケアの問題があることに気がつきます。






前回もブラックのシュナウザーに皮膚にアレルギー体質が多いことを書いたと思います。

今年9歳の小梅さん、以前から体温が高いのに加えて、背中の皮脂膜にカサブタや垢のような汚れが

あることを指摘したと思います。



犬も人間同様に個人差があることは、皆さんもご存知だと思います。

獣医医学書を読んで・・・・  それが全て正しいと思っていたら、大変な問題になると思います。





私たち家族も長くシュナを付き合ってきて、アレルギー問題については、イヤというほど文献やネット

の獣医さんのの意見を参考にしてきました。 とくにシュナウザーは皮膚にアレルギー体質が多い

犬種です。 



そのメカニズムは、次のとおりです。。


● 犬のカラダの表面には皮脂膜というものが存在しています。 それは厳しい自然に耐える

野生の時代から進化をしてきたものに他なりません。。 その皮膚膜が、ナニかの原因で厚く

なる・・・・ そこに紫外線などの外気からの刺激が加わると、その皮膜が酸化をして、「酸性肌」

に変化をするそうです。 (Dr.藤本のアレルギー理論)



これも一つの学説の域は出ませんが、我が家の小梅さん、そしてサクラ婆ちゃんの症状にすごく似て

いる状態だったと思います。



いつも小梅さんをダッコをすると、熱っぽいところがあったのは、カラダの中で免疫が活発に働いている

ことの証明ではないでしょうか。






同じ黒い子のなっちゃん・・・・


まだまだ、1歳未満の彼女には、その体質の変化がないし、なによりなっちゃんの家系の体質を私たち

もリサーチ中なので、現在のところ観察を続けているところです。

ただ、皆さんの症例報告を見る限り、黒い子にこの症状がすごく多いような気がします。



・ 黒いから、刺激を受けやすい

・ 遺伝子的にその体質の負の遺伝が行なわれている

・ 性格的なものの影響



その理由はこのようなものがあげられます。



汗腺が背中にはないという考え方が、今は絶対的ですが、果たしてそれは医学的に証明された?

私はそうは思いません。 目に見えないくらいの分泌する汗腺、または汗腺のはたらきと同じようなもの

が存在しているかもしれませんね。。



原因が分かれば、アトは対処方法を試してみるだけですからね~!!







今朝はくるくる母となっちゃんの絵図です・・・

毎日、母親代わりのくるくるにベッタリ~のなっちゃん。。 母と娘、血はつながっていなくても、こうして

家族になれるんだな~と・・・  犬たちを信じていてよかった。。。




いつもこんな気持ちを胸のなかでつぶやいているSAKURAなのでした。。

コメント

みある☆

No title
あら…うちのアクちゃんとはちょっと違う
まず黒毛じゃないし(笑)、体温も低いんです
大体38℃以下なので犬にしたら低いですよね…

黒毛のこのアトピーはシュナだけなのかなぁ
ルトも黒いけどアトピーではないみたいです
ただ神経が細やか(うまい表現)なのは一緒ですね

そうそう、写真の加工ソフト、photoscape(フォトスケープ)というのを使ってます
フリーソフトですよ

@SAKURA

No title
みあるさん

これすごく理解度のあるページだと思いました。逆の場合「薄くなる」というケースではないですか? あとは、本当の感染しやすい体質なのかもしれませんね。人間の場合だったら、温度差とか化学繊維でも反応する因子ってあります。どっちかというとそれが近い?

あ~助かりましたよ。いま、DLしましたが、これは非常にいいソフトですね。コレで少しは、クレームも防げるというものです。。(笑)

noriran

No title
いまどきの遺伝子研究だったら分かりそうな気がしますが…わんこのことはそんなに調べてくれないか。。
シュナの皮膚はシュナウザー面疱症があるくら遺伝的に問題ありですよね。バリカン負けも多いし黒い子以外も「お肌が敏感」だと思います。
日本の暑さや湿気に対応できない子もいるんじゃないかなぁ?

@SAKURA

No title
noriさん

今年ほど湿度の多い暑い夏を感じたことはありません。
湿度管理、たしかに国内で育った犬種でないので、その意見に賛成です。獣医学の進化ってやはり人間同様に期待してはいけないのはわかりますが・・・でも、もう少しのところで分かるんだったら、もっと予算を広げてもらうのもいいと思うけどな~(笑)

M&R

No title
家の子も今年になってフケのようなものが凄く出てるので獣医さんに尋ねてみたところシュナは皮膚病が多い犬種と聞きました。黒い子だからではなさそうですよ~
皮膚は昔から弱くトリミングのバリカンで負けて赤くなってるので可哀想だなぁ~と感じてます(ノ_-。)

まだまだ動物に対する研究は発展途上のようですね(=ω=。)

@SAKURA

No title
M&Rさん

ところがどっこい!! ウチの子供のブラック率は30%くらいですが、SPに比べると2倍以上、発生率が跳ね上がります。
なんでもそうだけど・・・・獣医さん一般論は詳しくてもシュナはこっちのほうがプロですよ~!(笑)

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
我が三冬は首回りと頭にニキビのようなものが出来て、取れたり、トリミングの時カットされたりしていますね、自然にまかせているのですが???

ラムチャ

No title
シュナの皮膚疾患は面皰症というものがあるだけあって独特みたいですね・・
うちもラムが皮膚のトラブルでかなり長きに渡って病院通いをしていました。そして悪くなっては注射で抑え込みまた再発の繰り返しで 流石に何とかしなくてはと思っていたところに肌を綺麗に保つシャンプーを獣医さんで勧められて 週2のペースでお洗濯していますが
それからというものブツブツはどこかには発生するものの以前のように全身に広がって膿皮症までになるような重症にならなくなり とてもよい状態を保っています。注射や薬を使うことなく過ごせるなら週2のシャンプーも頑張れます!!

M.jijiママ

No title
アトピーは本当に難しいですよね。

よくわからない事をアトピーというくくりで囲ってしまうようです。
これ以上、悪くならないといいですね。
パパさんがついているから心配はしてませんが(笑)

@SAKURA

No title
三冬ママさん

年頃がまだ若いので心配は少ないと思います。問題は10歳からですね。とにかく悪くならないように心がけるのが一番だと思います。

@SAKURA

No title
ラム母さん

実はうちのサクラもそうでした。その注射って、抗生物質ですか?
この注射、実はすごくクセモノで結局、免疫力を弱めてしまう結果になりました。リスクはありますがシャンプーのほうが自然に近いので安心です。ワンコの場合、この安心が最低限、守らなければならない条件ですね。

@SAKURA

No title
jijiママさん

jiji君、以前の状態に比べるとかなり回復しているように拝見しています。精神的な部分を含めて家族゛頑張られていますからね。
いまの年齢である程度の制限をしておけば年をとってからより負担が少ないと思います。。ウチも自分たちの経験だけの話ですが、困るのは個人差があって以前のデータがぴったり~じゃないのには困りますよ。。(笑)

D&Oママ

No title
今年は湿度のせいか…暑さのせいか…Oの皮膚に悩まされる夏でした。仕方なしに現在通院中ですがDのとはまたチョット違うようです。ずっと悩まされていたDの皮膚は去勢後すっかり綺麗になってしまいました。皮膚のことは人間もワンコもなかなか難しいですね…
OもDに比べるとかなり体温高く感じます。
小梅ちゃんとなっちゃん、黒い子でも違いが出てくるのかな~???
最後のくるくるとなっちゃん、ホントに母娘ですね~。癒されました♪

@SAKURA

No title
ディトナママさん

うーん、ちょっとの変化ってあると思います。
我が家では、一番は出産かな・・・・これで体質がまったく別物になるのにはおどろいちゃいます。
年齢にも注意しなくちゃね。。はーい、いつもありがとうございます。

ふくりん

No title
黒プーに多いか分からないけど、ブラックは皮膚トラブルの発見が遅れる傾向はあるかもしれませんよね~
黒いから、分かりずらいって言うか。。。

@SAKURA

No title
ふくりんさん

そーそー、わかいときが肌が丈夫だと余計にそんなことがあります。
小梅、昔は鉄の肌でした。サクラは出産をしてからだったので、ある程度、私たちにも訓練の時間がありましたね。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ