FC2ブログ

厳しさこそ愛情




皆さん、おはようございます。 気がつけば、こんな時間になっていました。


週末の朝は電話やら、来客が多くて大わらわでした。 今朝は気温も高くて気持ちのいい週末の金曜日

です。



今週は、今朝の状態に例えられるように、本当に忙しい一週間でした。 昨晩も仕事の段取りが付くまで

仕事
をしていたら、9時を回ってしまいました。 回りの職員たちもダレ一人として帰らないから、分からな

いんです
よね。 週末は、ゆっくりしたいところですが、久しぶりに土曜出勤となりそうです。


数日前、大阪の橋下市長さんが、学力低下の対策として小学生の留年をするように教育委員会に指示

したと
報じられていました。 実は、私SAKURA、小学生に落第がないとは知らなかったんですよ・・・(笑)

私が小学生のころ、母は教育に対してとても熱心でした。 そればかりか、長男ということもあって厳しく毎

の宿題をさせられた記憶があります。 当時、「教育ママ」といわれた走りのようなものでした。


帰宅をして、2時間は机に向かって、母が横付けで勉強をさせられたものです。 きっと、母の時代では高

に行くのも希な時代でしたから、そういう思いを私にさせたくないということも現われだったと思います。

片手にものさしを持って、ちょっとでも遊ぶような仕草をしたら、パシッ!とものさしが飛んできました。。(笑)



テレビでは、留年することに反対意見が多いようですが、その内容をみると、「かわいそう~だから」とか、


「小さいときは、遊ぶのが大切・・」 なんて言い訳じみたことがありました。

今でも私は母の教えが正しかったと信じています。 あのとき、母が厳しくされたからこそ、今の自分があっ

て、
それは我が家の長男にもその厳しい教えを伝えました。 その長男も、当時のことを思い出しては、あ

れが
なかったら勉強をしなかった・・・・と話しをしていました。



体罰はともかく、厳しい環境でなければ、子供の成長は止まると思います。 

ワンコも人間の子どもであっても、失敗、挫折、厳しい環境にあるからこそ学ぶことができると思いますね。

長く、「ゆとり教育」の中で、甘やかされたニセモノの愛情で作られた教育の成れの果てに、【引きこもり】

【フリーター】という生物を私たちに作ってしまったことを記憶に刻んでおかなければなりません。


子供の限らず、人間を教育する場合、まずは厳しい態度で臨むべきですね。 その点では、方法の是非は

ともかく、橋下市長の方法はポイントを付いた方法と思います。


みんなわが子が可愛いんですよ~!

 本当の愛情を考えるんだったら、厳しいほうが無難だと私個

人は思います。



今週も拙い私の日記にたくさんの皆さんのご意見、コメントをありがとうございます。

来週ももっと春めいた話題を盛り込みたいと思います。 皆さん、週末、楽しみですね。





コメント

-

No title
こんにちは~♪

お忙しそうですね♪
(♪を付けたのは、お仕事で忙しい~って言われる方が
今はうらやましいから~^^♪)

橋下さんの発言には興味を持って応援のつもりで
耳を傾けてきましたが、小中の留年は。。。
私的には?です。
それが実現されたとして。。。子どもへの、その後のフォローが
先生や保護者、社会が、同じ思いで見守れるか。。。
難しいと私は思ってます。。。

めし使い

No title
愛情があるからこそ厳しさも必要なんですね。

ワタシが子供のころは親に言われなくても家でよく勉強したものですね。
最近は勉強以外の興味のあるものが氾濫しすぎて、勉強が二の次になっているような気がしますね。
この情報社会をうまく活用する子が伸びるんでしょうか?

小学校で留年はなんとも悲しい世の中です・・・

Sun Shine

No title
こんにちは♪
そうね。。。愛情ある厳しさ、必要だと思います(*^_^*)/

な~が

No title
留年問題が浮上するまで、他国の学校事情を知らなかったんですが、
小学校でも多くの国で留年を採用していて、日本は実際とは伴っては
いませんが法律上は可能とか。
なるほどー、引きこもりやフリーターなどって、ゆとり教育世代の副産物?
弊害?でしたか。。。

SUNNYMAMA

No title
ハワイでは成績が良いと(テストの点など)アイスクリームパーティやピザパーティに出席出来ます。
成績が悪い子はもちろん参加出来ません。
日本ではそんな事があったら親からなにを言われるか分かりませんよねぇ...
ハワイではパーティに参加したければ良い成績をとりなさい!と言われる子供たちです。

@SAKURA

No title
三冬ママさん

ははは、ありがとうございます。ボクは本当は政治の世界ってすごく嫌いなんですよ・・・・でも、みんなが住みやすくて未来が楽しみにできるいい社会になってほしいと願っています。

@SAKURA

No title
カルネさん

なるほど・・・・私たちくらいの年代に近い人はいい教育をょ受けていたことになりますね。そうなんです~すぐに切れるとか、叱られて退職をするなんて昔はありえない話でした。
こらえ性がないといいますが、我慢をすることを学問から、そして日ごろから学ぶことって、厳しい環境の中でないと学ぶことができないと思います。挫折から這い上がれる力強い精神力も厳しい親の教育があってからこそ身につくものだと今は思っています。

@SAKURA

No title
らぱんママさん

厳しい親がいないから、周りの人が口出しができなくなってしまっているんですよね。他人の子供、、、、これではよくなるはずがありませんね。

@SAKURA

No title
なつなつさん

いやいや~ウチの近所でもそういう子供さんが増えていると思います。最近はワザと大きな声で挨拶をしてやるんです・・・・(笑) きっとうるさい親父だと思われているんだろうな。。
昔の親たちは、子供たちに責任があったと思います。今は公の場で迷惑をかけても、子供を叱るどころか私たちにクレームをほつける本末転倒がまかり通っています。

@SAKURA

No title
ふくりさん

商売をしている親御さんで、子育てに手間をかけてくれる親ってなかなか~いないと思いますよ。いまになってみると親の気持ちが痛いほど分かりますね。

@SAKURA

No title
シュナ親父さん

橋下さんは、私たちが考えていることをテレビの前でハッキリといってくれるのが、とても心地良いですね。政治家としては、まだまだ~ですがそれでも民意の代表ということに関しては、勇気があると思います。

@SAKURA

No title
neneさん

はい、ありがとうございます~♪(笑)
子育てを終わったものとして、一つ助言をするならば自分の子供のことは周りはまったく、期待することはできないと思いますよ。。
自分で叱り、そして学ばせるものは責任のある親だけだと思っていいと思います。

@SAKURA

No title
めしさん

たしかに私たちの時代はテレビを消すと勉強をする環境が出来上がっていましたからね。。ウチも子供が小さいときに、テレビを消して自分も子供たちと一緒に本を読んだり、勉強を一緒にしたものでした。
隣で勉強をしているのにテレビを観ていたら子供だってできるわけがありませんね。今の環境は・・・・本当に難しいですね。

@SAKURA

No title
シャインさん

3人のお子さんを育てて母親としてはわかっていることが多いんじゃないですか。。(笑)

@SAKURA

No title
なーがさん

それが、現代の親御さんたちの世代は、有名な団塊世代の子供たちの世代だそうです。ようするに手間をかけられない時代の子孫ということになります。子育て、教育、いずれも手加減ができない大変な仕事だということがわかりますね。

@SAKURA

No title
サニーママさん

ハワイだけでなく、どこの国でも文化が進んでいるところでは、この問題を考えることがあるんだと思います。とくに、先進国のアメリカはいろんな工夫をして自由な部分と学問の大切さを子供に教えるための工夫があるんだと思います。

ぽけ

No title
親が子供にしてやれることって、そんなに無いと思うんです。

その中でも、ぽけさんも教育は重要だと思う。
特に小さい頃のうちに勉強するクセを付けてやれば親子共々後々楽だし、小さい頃の勉強の
苦労って大した苦労じゃないんですよね。

小さい時に野放しにしておいて、勉強するクセが付いて無いまま中学や高校になって
いきなり勉強しろ勉強しろと言っても、無理があると思う~。

@SAKURA

No title
ぼけさん

さすが~現在進行形の受験生の親ですね。。(笑)
親が子供にしてあげられるのは、お金を残すことではないんですね。一生、食うに困らないようにその工夫をさせることを身につけてあげることが大切です。ウチも二人とも学校にはたくさん寄付をしたと老いますよ。。

No title
ではでは、ここからゆっくり愛読させて頂きます♪
足跡代わりに、順にポチ☆彡を押させて頂きます(笑)

@SAKURA

No title
きくママさん

ありがとうございます。今日はすごい雪でした。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ