FC2ブログ

プロ意識




皆さん、おはようございます。 今朝は暖かですね。 今朝は、初めてコートを脱いで出社しました。


ちまたでは、菜の花が咲いたとかサクラにつぼみができた・・・なんて話しがあるみたいで、気持ちだけでも

春の気分を味わいたいと思っているのは、私だけではないと思います。

これからどんどん春の便りが届くと、気分も一層、膨らむというものですね。



日曜日の夜に 「大改造!ビフォーアフター」 という番組をよく観ています。 建築士としての感覚や建築

望む皆さんたちが、どんな家を好んでいるのか? それを知るためにはいい情報収集だと思っています。

この番組、30年以上住んだ家の改修をして、新築以上のコストパフォーマンスを見せるというのが、番組

本来の目的だと思ってます。


私、一応、専門家として建替えをしたほうがいい? という場面に遭遇します。

建替えをする条件みたいなものがあります。


・ 家族構成が変わって間取りの変更が必要

・ 既存建物の主要な構造体が老朽化

・ 金銭的に建替えのほうが得


こんなカンジが私たち建築士の中には、判断の材料としてあります。 

番組では、老朽化して構造体の補強までして、私たちが思っている建築の常識みたいな部分を覆すことも

しばしば見かけられます。 


およそ、建築の常識では、新築の金額が100に対して、改修は1.5~2倍の金額がかかるというのが定

になっています。



では、なぜ?改修なのか?

番組の主旨上の関係から、建替えをしてしまうと番組にならないというのが本音でしょう。



コーディネートをする設計担当者が、工事に入って手伝う場面があります。 普段、私たちの仕事は現場で


の作業ではなく、あれは簡単な話し、テレビ用のパフォーンスですね。。



先日もこの番組に対して訴えを起こしたケースがあったそうです。 建築主がのぞむ希望に対して、全く違

ったものを作ってしまった・・・  これが理由だそうです。


私の仕事であっても、よくあることです。 番組上、いろいろなパフォーマンスや面白い番組にするための演

出があるのはわかりますが、最終的にお客さんのニーズに応えられなれば、全く意味不明のことになってし

まうのは残念ですね。


建築士の仕事は自分のエゴを通すことではなくて、ニーズに対して自分がもっているデザイン力、建築の知

識を最大限に発揮して、建物を完成させることだと思います。 そして最後に一番大切なのは、建築主の大

切なお金を預かっている真摯な気持ちを持っていることですね。


これからマイホームをと考える皆さんはたくさんいるでしょう。 まずは、皆さんもたくさんの知識を持って、妥

当性のある建築士、建築会社の選択をしてほしいと思います。

コメント

みある

No title
おはようございます♪

えー!!
そうなんですか、実は以前我が家もこの番組をよく見ていたんですけど、『こんなんイヤだ』とかないのかねーと話していたんですよ
実際にはあるんですね、やっぱり

ちなみに、我が家の意見はいつも『モノが多すぎるからそんなにゴチャゴチャなんだよ』です(笑)

-

No title
おはようございます~♪

暖かい地方の一足お先の春の便りは、気持ちををポカポカと
してくれますね^^

プロ意識を持つ。。。すべての職業に当てはまりますね^^
これからするであろう職業にも、しっかりと持ちたいと
思わせて頂きました^^

chibisuke

No title
完成した家の物の少なさにいつも驚きます。あれじゃ住めないでしょうに

ふくりん

No title
なるほど。。。
家を買うって一生に一度の買い物ですからねぇ。
納得のいく住まいで暮らしたいです。
その為には、ある程度の勉強も必要なんですね!

ラパンママ

No title
私もこの番組の大ファンで、毎回楽しみに見てるんですが
「これなら建て直した方が早いよねー」
って思うのも結構あります
やっぱりそうなんですね、番組の演出っていうのが、
大きいのかもしれませんね(^^;)

No title
私も番組の苦情を聞いたことがあります(^^ゞ
何年か過ぎたその後も、快適な部分しか放送しないのは解せない・・。
さくらパパさんのような本職の人も見てるわけだから、
もっとリアルな過程が知りたいです。
リフォームしたては綺麗で感動しますが、生活する場なので、
その後の使い勝手が知りたいのです。

pochasann

No title
我が家が立て替えた時玄関に手すりを付けました。
靴を履いてよっこらしょっと立ち上がるためのものです。
年をとるとせいがちじむし女性は小さいから床から30センチくらいが良いと言ったのですが
それは可笑しいといって60センチの所に付けました。
私が実演して座った状態で手を伸ばすと肩より上になってしまいます。(掴むところが)
これでは力が入らないと行って付け変えてもらいました。
小さな事ですが、納得が行く説明て必要ですd(^-^)ネ!

@SAKURA

No title
みあるさん

自分がいくらスリムでも、相手がそうでないとイライラ~しますよね。。(笑) 夫婦っていつねその連続です。
昔はこんな気の合う相手っていないと思っていたのが妄想なのですね。。(笑)

@SAKURA

No title
neneさん

とくに技術屋の世界では資格があるだけでも意識って違いがあります。
プロって言葉では簡単ですが、なかなか~ですよ。。(笑)

@SAKURA

No title
チビスケさん

それは、ふくまでも想定の話です。というか、見ているんですか。。(笑)

@SAKURA

No title
ふくりんさん

勉強って自分の身を助けることが多いです。とくに法律や知識は多いほど、選択に失敗することって少ないと思います。なんでも、経験が大切です。

@SAKURA

No title
らぱんママさん

はい、ご覧になっているんですか・・・・あくまでも番組の中の話ということで、判断も千差万別。建築の場合は長く使えるものと、費用が安いのがいいモノと判断ができると思いますよ。。

@SAKURA

No title
きくママさん

番組で紹介されているものは演出があるので生の声としては信用ができないと思います。私たちの仕事では、苦情やクレームって深刻なものが多いです。

@SAKURA

No title
ぼちゃさん

説明も大切ですが、使う人がほんとうに必要と思えるつくりにしないと本当のいい建築とはいえません。お客さんがシロウトだから、余計に失敗をさせないようにすごく気を使います。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ