FC2ブログ

食べることは大切!

午前中は外で現場の調査をしてきました。 手袋をしていないと手がカジかんできました。



会社では、外から帰社すかるヒトたちのために、手洗いは「ミューズ」という消毒もできる石鹸を使っていますが、

昨日、関東でもインフルエンザの流行の注意報が出ました。 ということで、職場でも外出から帰ったら、うがい

とミューズでの手洗いを義務付けることにしました。





私の職場のような少人数のところでは、一人掛けただけでも他の職員に迷惑をかけることになります。 一昨年

職場の後輩がギックリ腰で一週間休んだときは、職場のみんなで交代でその代わりをしましたが、自分の担当

もあるので、交代することは自分の仕事にも影響があるんです。

この季節、毎年恒例ではありますが、飛沫感染を防止してインフルエンザの予防はかかせませんね。





さて、写真は今朝の小梅さんたちの写真です。  朝の寒い時間でも、小梅さんスキップをするように楽し

そうに走っていますよね。。 ワンコは外が大好き・・・・  それに散歩は一日でもとても大切な時間ですね。



日曜日、テレビ番組の 「鉄腕ダッシュ」 でペット特集をしていたのを皆さんも観ていたでしょうか~?

番組の入れ替え時期に1年で2回ほど、ワンコ特集をしてくれています。 その中でいつも観ていて、自分

も参考というか、、、わが身に振り返り反省をすることの多いのが、ダイエット作戦のこと。。





愛犬家に多く居るのが、愛犬を太らせてしまうこと。 とくに年配の飼い主さんに多くいるのが特徴だというこ

とです。 我が家の里親さんたちも年配のヒトたちが多いので、私自身も勉強して里親さんたちにいいことで

あれば教授しようという目的で興味津々で観ました。



ダイエットの対象犬は、キャバリア、ミニチュアピンシャー、ラブラドールにコーギちゃんの4ワンコ。

どの子も運動もできないほどに太らせてしまったようでした。 食事指導をされた先生はいろいろなメニュー

を考えて、ワンコたちに食べながらも痩せる特別メニューを考えてくださっていました。


注目すべきは、やはり犬と人間の満腹という感覚の違いがありました。 人間は、満腹という信号が出ると

インスリンという物質が膵臓から脳に伝達されます。 ところが犬の場合は、インスリンという信号は出ない

で胃袋が膨らむ感覚だけで、満腹感を感じられる仕組みだそうです。 


一説では、犬の満腹中枢がない・・・・と言われているのは、この信号の伝達がないからですね。




我が家も小梅の祖母サクラはとにかく食欲が旺盛で、食事制限をすることなんて・・・・とってもできないほど

に食べることにとにかくこだわりのあった子でした。 食べさせることは簡単なんですね。 つい、油断をして

いると1キロ、2キロなんてあっと言う間に増加してしまいました。  9歳のときに、手術をしたときに獣医さん

にダイエットプログラムを実行していただき、1週間で2キロの減量に成功。。 それをなんとか維持しようと

食べものの改善、運動の増加・・・などなど、いろんなことを考えたものでした。





我が家のなっちゃんも食べることに関しては、とっても積極的に取り組んでいます。

12月に我が家に来てから1ヶ月、離乳食のプログラムもかなり進みました。 小梅、くるくるのオトナ用のご飯

が食べたくて、いつも残りを狙っています。。(笑)

少しづつですがオトナのメニューを増やしながら、食べることが楽しみになるようにしています。


食べることは、この時期、一番大切な仕事ですからね・・・



そして食べると決まって、大きなウンPをしてウトウトしているとすぐに眠ってしまうなっちゃんです。

ある日はママのひざの上で・・・・ あるときは、テーブルの下で気がつかないうちに寝てしまうので、相変わら

ず、蹴っ飛ばされないように注意の連続の我が家の家族たちです。





コメント

おくさま

No title
ダイエットは犬じゃなくてあたしがしたいです・・・・・

あゆ

No title
インフルエンザが流行りだしましたね~。
うちの妹の子、2人共かかりましたよ~!
手洗いうがいは、絶対に欠かせません・・・。
私もまだ風邪が完全じゃないので、気をつけないといけないと思っています!
TVでワンコの肥満を見た時は衝撃を受けますね。
なぜここまで・・・!?って思っちゃいます。
犬と人間の満腹という感覚に違いがあるなんて知りませんでした。また1つ勉強になりました!!

☆ルキア☆

No title
満腹感が違うというのはとても参考になりました。
ルキアは食欲がとても旺盛ですし、
飼い主もおデブ??
これって かなり危険ですよね(笑)

@SAKURA

No title
シャインさん

おはようございます。おお、同じミューズでしたか。。なんか、意気投合。。♪(笑) これから風邪をひかないように過ごさないとですね。
シャインさん1回、ボクも1回、すでに風邪をひいちゃいましたね。。(笑)

@SAKURA

No title
ぼちゃさん

子犬って毛の艶や肌のハリがすごいものがありますね。
もともと、母親からの遺伝だったり、抵抗力だったりと・・・・
母の愛情を感じます。体重管理は、この時分、一番きを使うことです。

@SAKURA

No title
M&Rさん

はいはい、ウチの小梅の母親すみれもそうでした・・・・
不思議と食べものを選別したり残したり。。そういう子もいるんですね。だいたいは、残さず皿をなめますくらいのが普通なんですけどね。。(笑)

@SAKURA

No title
サトミママさん

はじめまして・・・・そして、コメントありがとうございます。
ママさんのような隠れて読んでくださる皆さんがいるのは、私にとっては宝物のようなものです。本当に嬉しいです。
えーと、体重を増やす場合は簡単です。手作りだったら、ご飯を大きなスプーン1杯から2杯程度、一度でおじや風にしてあげてください。たぶん1週間で体重の増加があると思います。
ようは、炭水化物をあげるといいのです。髭の白さも手作りを毎日、頑張っていれば1ヶ月で効果が現われると思います。

@SAKURA

No title
プクパパさん

ありがとうございます。太らせるのは簡単ですが、ダイエットをさせる辛さって飼い主も同罪ですからね。。よく、てぷてぷ太っている飼い主さんが犬だけにダイエットさせているのを見ると、腹が立ちますよ。。(笑)

@SAKURA

No title
なーがさん

ふふふ、人それぞれですからね。。(笑)
人間だって、反射的な食欲だけだと食文化というものが存在しません。食べる楽しみってすごく大切です。

@SAKURA

No title
おくさま

私もそれをオススメいたします。。(笑)

@SAKURA

No title
あゆさん

インフルエンザ、子供さんが小さいととくに気を使います。
現実、この時期は自分たちもその子供がもってくる風邪をよく貰います。子育てって大変ですね。がんばりましょう。。♪

@SAKURA

No title
ルキアママさん

写真で拝見している限り・・・・ルキアちゃんは運動量がハンパないですね。。♪ 飼い主も一緒に走るといいかもしれませんね。。(笑)

ふくりん

No title
2年ほど前に、ふくのダイエットに成功したけどワンコの体重管理は飼い主さんがしてあげる事が一番大切なんだなぁ。。。とつくづく思いました。
今は大体の食事の量も加減できるようになったので、ベストを維持してます(*^^)v
私も誰かに管理してもらってダイエットがしたいかも~(笑)

fourkidsmama

No title
息子の部活で「インフルエンザ」と「マイコプラズマ」とそれぞれ1人出ました!!
なんとか感染せずに終わったようですが、クラスにも何人かいる様なので自分がマスクをかけていくようにさせてます。(>_<)

ちびワンコの食欲は困ったものです!
1時間近くかけてふやかしたドライフードをものの数秒で完食!!!
さらにママのおっぱいを狙ってます! ママは痩せるばかりです…(笑)

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
我が三冬は嫌いなものなし。おやつはあまりやりませんでも果物はやってしまいます、太らないように頑張っています。

No title
離乳食、懐かしい響きです。
子犬の頃に食べていたものが、その後の好みになるようです。

うちは、きく母のママから、きくを頂いた時に、
成長期にジャーキー類をあげるなら、馬肉にしてあげて下さい、
って指定されました(笑)
里仔に出しても仔を思う親心は厚いものです。

@SAKURA

No title
ふくりんさん

はははは、自己防衛あるのみですよ!(笑)
管理をされるとやはり違うでしょうね。僕も・・・・・・ヒトのことなんていえませんね。。

@SAKURA

No title
シンディママさん

もう2ヶ月ですもんね。。。ウチは人工にしていますが、ひれのほうが母親の楽だと思います。それもあと1ヶ月もすると母親が吸わせなくなるんですよ。。犬は人間よりも愛情は深いですが、厳しさもちゃんとあるんです。

@SAKURA

No title
三冬ママさん

果実の糖分についてはあまり心配はいりません。ただし、食べられない果実もあるので注意をしてくださいね。

@SAKURA

No title
きくママさん

それはそうですよ・・・・ウチのルールの中に、里親さんからはいつでも里子たちは引き取る準備の心構えをするということがあります。
ヘンな施設に預けるくらいだったら、ウチで引き取る心の準備はいつもしているつもりです。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ