FC2ブログ

紆余曲折




週末、わが町の大銀杏の木の下に行ってみました。 葉っぱのそのほとんどが落葉して、地面が綺麗に

黄色に
染まっていました。 本当であれば、小梅とくるくる親子にこの黄色い絨毯のところを歩かせたいと

ころですが、わがシュナウザ
ーの飾り毛は、こういうときは不便ですね。。 妻にいっぺんに断られてしま

いました。。







昔から、大銀杏の木にはパワースポットとしてたくさんの神話や伝説があるといいます。 昨年、台風で

倒れた鶴岡八幡さまの大銀杏は、源実朝が暗殺されたときの犯人・公暁が大きな銀杏の木のところで隠

れて身を潜めたといった伝説があるくらい雰囲気があるんですよね。





伝説といえば、わが家のなっちゃん・・・・  毎日が伝説を作っています。。(笑)


これまで、13年もシュナウザーとの生活をしてきましたが、養子というのはサクラ以来のこと。 まして先

住犬がいる環境では、はじめてのことです。




カンナちゃんが亡くなって一週間後、ワンコ家族、人間家族のしぼんだ空気を晴らすため、なにより母親

として、ヤル気を出してきたくるくるのためにも、私たちが考えた秘策でした。





ここまで至るには、いろんな障害がありました。 そして待望のなっちゃんを迎えて一週間経過して・・・・・

ヒトコトで現すには難しいですが、現すとしたら、紆余曲折。 たくさんの曲がり角、障害や先入観念

があったのは事実です。 ただ、一番の目標であるくるくるのママぶりが、こうして毎日、少しでも観ら

るだけで、あ~よかった。。 と思えてきます。





昨日もなっちゃん、小梅母になにやらイタズラをしかけた様子です。 いつもは温厚な小梅が怒って

小さいなっちゃんを威嚇していました。 きっと、なっちゃん、してはならないイタズラをしたんでしょう。


その仲裁に入ろうとしたときに、いち早くなっちゃんの前に立ちはだかったのは、くるくるママ。


やはり、くるくるにとっては、特別な存在なんだと思います。 その後、人間の私たちには分かりませんが、

小梅とくるくると
で、親子会議をなにやらしていました。。



小梅 「しっかりと躾をしなさい~!」

くるくる 「まあまあ~ そんなに怒らないでちょうだいよ・・・・」



なにごとも理想どおりにことは運ぶことって困難だと思います。 少しづつ、それに慣れて対応する力を

つけていくことが大切ではないでしょうか。 

小梅にとっても、なっちゃんははじめての孫娘。 血は繋がってはいませんが、娘が大切にしている子供

だと理解をすると、きっと自分も大切な家族と認識する日も近いと思います。





いままで、4世代、血縁関係が繋がっていた家族の我が家ですが、それがどんなに強い絆だということ

再認識させられた一週間でした。


これからもたくさんの曲がり角があるとは思います。 それがでんなに大変なことであっても、家族だと

思えば、解決できない問題はないと思います。

コメント

@SAKURA

No title
ユノペリさん

そういっていただけると嬉しいです。なんとか、ここまで親子関係を作れたのも時期が早くてよかったと思います。うまく行かないときもありますが長い目で考えて行きたいと思います。

@SAKURA

No title
れもんさん

留守番をしながら、妻が3ワンコ関係のバックアップをしています。自然とくっく光景も多くなってきました。ソファーはなっちゃん専用の階段を作ってくれました。

@SAKURA

No title
すみれんさん

ありがとうございます。いろいろあったけど、思い切ってよかったと思います。このまま3ワンコで家族関係が作れると嬉しいですね。

@SAKURA

No title
ナナママ

はじめは、難しいと思っていたことがたくさんありました。ひとつづつ、紐を結ぶように親子関係を大切につくってあげたいと思います。

@SAKURA

No title
シャインさん

コンデジで撮っても、いい写真をとることはできますね。。ひっくり返るのもなんなんで、カメラを覗かないでアングルだけで撮りました。ありがとうございます。

@SAKURA

No title
シャインさん

言葉ってたくさんはいらないんですね。みんなが同じ気持ちでいると自然とワンコたちにも移るような気がします。

☆ルキア☆

No title
今年の漢字が絆になりました
SAKURA家も新しいきずなが結ばれましたね
くるくるちゃんと小梅ちゃんの知恵があれば
絶対大丈夫!
それにしても親子会議の一言一言 聞いてみたいものです
なっちゃんいつも目までしっかり写っていますね

@SAKURA

No title
ルキアママさん

いつもありがとうございます。なっちゃんは顔が真っ黒なので目が
見えていないと、黒んぼうでまったく分からないのです。。(笑)

絆、いい言葉ですね。作るのは大変ですが、きっといつかは昔の家族
たち同じように作っていけると思います。

SUNNYMAMA

No title
毎日こうしてPCでなっちゃんの姿を見るたびに自然と笑顔になっています。
黒いお顔がキレイに撮影出来てます~傑作♪

愛犬プク

No title
自分は未経験ですが、ワンコの親子代々のコミュニティが当然のように続くと、無意識のうちに続けさせたい気持ちが出来上がるような気がします。
この度の、なっちゃんの存在と立ち位置で、ワンコにとっては家族の一員以外の何物でもない関係が、もっとも良い未来を形成する選択だったように、勝手な想像をしてしまいました。
プクパパ

な~が

No title
人間世界でも色々とあるでしょうが、シュナちゃんの世界でもやはり血の
つながりを超えた家族関係の構築って大変でしょうね。
くるくるちゃんの愛にポチ★です。

ふくりん

No title
なっちゃんもくるくるちゃんが、仲裁してくれる事とか理解してるのかなぁ~(*^_^*)
写真を見てると、くるくるちゃんの側に居る方が多く見えますね。
小梅ちゃんは見守り役に徹してる?!

ぽけ

No title
人間でも、実の親子とは言え相性の良し悪しはありますからねー。

ぽけさんの実の姉は両親と良くぶつかって、未だに疎遠になってしまっているのですが
ぽけさんはもともと親とは仲が良かったので、イマイチ姉の気持ちが分らない~・・・。

まあ、姉のそのような姿を見てきたし、両親の苦労も目の当たりにしていたから、
その分自分は親を大切にしよう、心配させないようにしようと思ってきたところも
あるけど、ね。

早く小梅さんとくるみさんががなっちゃんに馴染んで欲しいだろうけど、ここは
ゆっくりゆっくり~♪

ラムチャ

No title
パパさん、黒子の撮影、めっきりと腕を上げられましたね!
↑なっちゃん、むっちゃ綺麗に撮れてますよ♪
なっちゃんが小梅ばあちゃんにふっかけた「してはならぬ事」って何でしょうね?? とっても気になります^^
人間では母親が厳しく祖母が庇うパターンが結構多いと思いますがワンコは逆なのでしょうか・・くるくるが仲裁に入ったというのはとてもほほえましいですね!なっちゃんも小梅ばあちゃんの躾でワンコ世界の掟をまた1つ学びましたね~。

@SAKURA

No title
サニーママさん

いつもありがとうございます。写真はカメラのおかげもあります。
小梅のときは手段がなかったですね。。(笑) もう少し、がんばりたいと思います。

@SAKURA

No title
プクパパさん

ボクはワンコという動物を信じているんですよ。だから、こういう形になるのも時間の問題だと思っていました。でも。まだまだ~これから、もっと真の親子になるために努力をしたいですね。ありがとうございます。

@SAKURA

No title
なーがさん

血が繋がってるいるとなんでもないことが、こうして養子縁組になるといろいろと大変だな~と思うこともたくさんあります。

@SAKURA

No title
ふくりんさん

くるくるはある程度、なっちゃんは大切な存在だと意識しているように感じます。小梅がやはり大変だと思います。自分の子を7ワンも育ててきているので、先入観があるんだと思います。少しづつ、より親子の形にしてあげたいですね。

@SAKURA

No title
ぽけさん

ありがとうございます。そうですね、親子といってもお互いを分かり合おうという意識が少ないと問題も多いと思います。
ワンコは信じていると、きっと理想に近い形になってくれると真摯でいます。私たちも、できるだけ彼女たち家族を応援したいですね。

@SAKURA

No title
ラム母さん

なっちゃんはこんなに小さいのに短い期間でたくさんのことを学んでいるんだと思います。本当の母親はきっと心配をしていると考えると、私たちもできるだけ本当の母や家族たちに近く形で、してあげたいですね。小梅はまだまだ、自分のときのことを忘れられないことがあるんだと思います。少しづつでもいいので自然に家族ができるといいですね。ありがとうございます。写真はカメラのおかげです。。(笑)
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ