FC2ブログ

絶景かな

皆さん、おはようございます。 今朝はどんよりとした雲が立つこめています。 予報では午後から天気が

崩れて雨になるといいます。 気温も昨日から10度近くも下がって12月下旬の気温だとか・・・・・

12月に入ったと思っていたら、もう1週間近く過ぎました。 12月はこうしてあっという間に年の瀬へと移って

いくのでしょうね。



さて、京都散策の続きですが、半日ばかりの観光では、やはり2箇所程度くらいしか時間が取れなかったの

が現実です。 その中でも今回、20年ぶりに行った「哲学の道」は、以前のサクラの季節と違って紅葉の風

景もまた意味合いのある風景でした。




これ、私が曲がっているんじゃなくて、この

 石碑が曲がっているんですよ。。(笑)

 
 「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を

  吾は行くなり」
 

 哲学の道という名前をつけた西田幾多郎氏

 の歌ですが、春の季節の秋の光景のほうが

 この歌に似合うような気がします。


 人生、迷いもあるが自分の道を見つけよう~

 こんな意味合いだそうですが、なかなか~

 それがどうして見つけるのは困難ですね。(笑)



走っているのは、長男。 石畳がいいカンジを出していますよね~

  人生、そんなに急がずともきっと

結果は出るともいいますし・・・・







参道のそばには、疎水が流れて一層、雰囲気を高めてくれますね。 黄色の紅葉のうえに赤い紅葉。

黄色は 「唐紅葉」 といって大陸から渡ってきた外来種、赤色は国産のもの・・・・。 

歴史の中にも外国とは仲良くしていくべきだと訴えているように感じます。。





南禅寺の三門の前で・・・

この三門は、高さが22mもあるそうで、あの石川五右衛門も 「絶景かな~」 と言ったとか言わないとか。。







「哲学の道」そばの寺院のどこを訪ねても、手入れが素晴らしいですね。 苔ひとつをとってもひとつひとつ

手を加えている様子がよく分かります。





 銀閣寺は、拝観料は500円。


 だいたいがこの金額ですが、ここは

 お札がこうしてついてくるのは、あり

 がたいですね。









お月見山からの、光景はまた格別なものですね。 写真は長男がもの思いにふけっている様子を

写真に撮りました。。  正直、銀閣は正直、かなり殺風景です。 いわば庵の典型的なものですが

この時代で、飾らないものの良さを感じていたのかもしれませんね。





私は建築士。


 どこの建築物を見てもその素晴らしさ

 にハッとするものばかり・・・・


 ただ、一つだけ。 近代になって修復

 作業がどこそこでされています。
 
 その大変さは想像を絶しますが、た

 だ、その技術に衰えがあるような気が

しました。最近の技術の継承がうまくいっていないかと、心配をさせる場面でした。


昔、ここでは藤原道長や菅原道真が歌を詠んだとされています。 今でもその空気が同じところにあると

いうことが、古都であることの空気をカンジさせてくれました。



6時間ばかりの探索ですが、終わってコーヒー店で引き息をつくと、足が棒のようになっていました・・・・



やっぱり運動不足だけは否めなかったですね。。(笑)

コメント

加奈先生の音楽教室

No title
素晴らしい景色ですね~。
どれもこれもいい感じです♪行った気になりますです♪
いいなぁ。長男さんもなじんでてGOOD!ポチ☆

AQUA_FAMILY

No title
一昨年子供たちと盛夏の銀閣寺にいったのを思い出しました♫

ブロが見ると違った観点から建物も見られるんですね。
良き技術は連綿と引き継がれて欲しいものですね(^_-)

れもん

No title
いいウオーキングになりましたね(笑)
男同士の京都旅もなんだかかっこいいですね~~
昨夜京都駅の話で建築のお仕事されてる方と話盛り上がってたんです。お寺は昔の職人さんのすべての知恵や工夫が感じられる建物のひとつ。建築士さんからみた感想も深く聞きたいです!

みある☆

No title
京都・・・久しく行ってないなぁ
パパさんの記事をみて、久しぶりに行きたくなりました
でもワンコ連れだと落ち着かないのよね・・・(笑)

fourkidsmama

No title
中2の息子が【建築家】になるのが夢だそうで…
やはりその道のプロは見るところが違うんですね~

男同士での旅行、よかったですね!
なかなか今は照れ臭いですからね。

ヴィッキーママ

No title
雨降ってきました~
コーヒーショップでぼんやり雨を見ながらのコメントです(*^^*)

中3の修学旅行で行ったはずなのに…ちょっとも真面目に見学してなかったです
大人になって行こうかと思ってはいるんだけど なかなか実現しません

パパさんのレポで やっぱり行きたくなりました~

@SAKURA

No title
ぽけさん

意外に銀閣のファンって多いと思います。金ピカピカよりも、わびさびの世界っていうやつですね。建築は知識が増えると、やはり面白いものがあります。仕事柄、大工さんと話しをする機会がありますが、昔の技術が後継者へ引き継がれていない現実があるんです。それだけ古いものが廃れる時代なんですね。さびしいですよ・・・・

@SAKURA

No title
三冬ママさん

今回は子犬のお迎えもありましたので、荷物は最小限にしましたがこのカメラだけは無理をしてでも持って行きました。やはり違いますね~写すものがたくさんあって迷いましたけどね。。(笑)

@SAKURA

No title
みどりさん

はじめまして。だったら一度、思い切って出かけてみるといいと思います。たしかに今は京都は混雑していますが、それでもたくさんの寺院を観て回るよさはできると思います。
旅館もちょっと離れてみれば、そんなに高額なところばかりでもないです。一生で出かけられるチャンスってそんなに多くないと思います。それのためには、たくさん勉強をするといいと思います。。(笑)

@SAKURA

No title
ふくりんさん

北海道からだとなかなか~行くのに時間とお金がかかるから。。。
ボクも20年も行ったことがなかったし、この機会を逃すといつになったか分からなかったですよ。。(笑)

@SAKURA

No title
加奈さん

加奈さんは、学校のときに行きませんでした? 私たちり時代は、だいたいが高校生のときに京都、奈良は定番でしたよ。。
ウチの学校は3日間、自由行動があったので、京都の津々浦々まで見学したとこを思い出しました。

@SAKURA

No title
アクアママさん

これから後継者がどんどん減ってきて、建築もそうだけど農業とか林業も教えられるヒトがいなくなると思います。
技術者がいなくなれば、いつかはこの建物の現存も難しい時代になるんじゃないですか・・・

@SAKURA

No title
れもんさん

建築士というよりも、私は職人たちの仕事をたくさん見てきたものですから、そういう部分では職人の技術、材料のことなど・・・やはりこれからのことが心配になります。最近は酸性雨も結構、建物に負担がかかっていると思います。

@SAKURA

No title
みあるさん

以前は近くだったから? でも、そんなに変化はしていませんでした。
もっとも世界遺産がそうそう~変わってもいけませんからね。。
パパさんにお留守をたので出かけてみるのもいいですよ。

@SAKURA

No title
シンディママさん

将来に夢があることはとても大切なことです。ただ、技術の道は一生、勉強を続けることになることを知っていて欲しいです。
好きなことは苦にならないですからね。息子さん、たくさん勉強をして未来の建築家になってくださいね。。♪

如月静

No title
さすがは京都ですね!!!モミジの色鮮やかさも違います。これはやはりカメラマンの腕がいいからでしょうかね♪
昔仕事してた頃は出張で京都にはイヤというほど足を運んだのに観光では人生で2~3度しか行ってませんわ。哲学の道も知りませんでした。やはり1度は紅葉の時期に京都に訪れてみたいですね・・・って10年以上前から毎年言ってますが( ̄~ ̄;)

@SAKURA

No title
ヴィッキーママ

さすが~かっこいい!コーヒーでブログなんて。。(笑)
京都はいつ行ってもなにかしらの感動があるところですね。なかなか~機会がないといけませんが、行ってみるとすごく近く感じます。

@SAKURA

No title
静さん

ほとんどの人はいつでも行ける、、、そう思っているだと思います。
そういう僕も今回は犬のことがなかったらもとっても行くことはなかったと思います。せっかく大阪に行くのなら・・・・それでついでに行きましたが、どっちがメインだか分かりませんね。。(笑)

写真はカメラですよ。腕なわけないじゃないですか。。(笑)

-

No title
こんばんは~♪

どちらも行ったことがあるところですが、SAKURAさんの
ブログを読んで見させて頂いた方が風情があります~♪
いい旅をされますね♪

@SAKURA

No title
neneさん

そうですか? そう云っていただくと嬉しいですね。
私自身が一番楽しめることができていいたびでした。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ