FC2ブログ

母と娘




今朝のくるくるの写真です。 朝は日差しが暖かくてテレビの前に自分の玩具がその他いろいろ~集めて

きて、好きなモノに囲まれてゆっくり~時間を過ごしています。



こんな風に写真を撮ってみると、回りの玩具たちが散らかって・・・・・ 慌ててモザイクをかけました。。



くるくる、昔から玩具に集中して遊ぶ機会って少ないんですよね。





それは、小梅母がこうしてカノジョを遊んでくれることが多いからです。 くるくるが生まれる前、小梅は

よく母親のすみれに遊んでくれ~とせがむことがありました。 ところが超マイペースなすみれ母は、

小梅ほど遊んであげる機会が少なかったと思います。 そのことを覚えているのか? 8歳の今でもこう

して娘のくるくるを遊んであげることが多いのです。


サクラから続く、4世代のシュナ親子・家族ですが、いろんな親子像を見ることができたのは、シアワセ

な体験でもありました。 




ところで、よく親子・兄弟に限らず、同居の犬同士で舐めあう光景があると思います。 あれって、どん

な理由があるかご存知ですか?



動物の親子や愛情の表現の中の一つと思われがちですが、実はあの動作にはちゃんと理由があるんで

す。 これは動物学者の先生から聞いた話しですが、赤ちゃんが生まれたときにその赤子に対して、肺の

働きを促進する動作が発展したものだそうです。


生まれたての赤ちゃんは、臍帯によって呼吸をしています。 いざ、外に出ても息をしない場合が多くあり

ます。 


母親は 「もう外界だよ~! 口から息をしなさい!」

愛情あふれる行動ですよね。。 それと、お尻を舐める行動は、まれに排泄ができずに死んでしまう赤ちゃ

んがいないようにと、予防的行為のためだそうです。

人間の赤ちゃんの場合、すぐに逆さ吊りにされ、背中をどつかれます。羊水や肺液を吐き出させるための

行動ですね。 多くの場合は、ここで泣き出します。 当人にしてみれば、せっかく広いところに出てきたと

思ったら、拷問にあうのですからたまりませんね。。







昨晩おそく、大阪から長男が帰宅しました。 時間は深夜を回ってしまいましたが彼の誕生日のケーキ

だけは、2ワンコを加えて皆んなでお祝いをしました。

長男、いつも大阪にいるせいか、家族の行事に参加できなくて寂しかったようです。。(笑)

この日は、くるくるを膝に抱えて、ローソクの火をフーーッと勢いよく消していました。 家族ってあったかく

ていいものですね。






コメント

ナナママ

No title
さくらパパ、やっと復活しました(^^ゞ

くるくるちゃんもあまりおもちゃであそばないですか・・・
ヤヤもそうなんです、ナナが遊び相手になるので(^^;
ヤヤがナナの耳や足を舐めています。
ナナもです。

お兄ちゃん、お誕生日おめでとうございます(^^)

mamachan

No title
そうでしたか・・・

クッキー姐御がママのルーシーの耳にかじりついたり舐めたり、なんだか不可解に思う事が多いのです。
こちらから見ていると、何かが気に入らなくて当たっている感じ。
甘えている時はお腹を出して顔をルーシーに舐めてもらっています。

息子さん、くるくるちゃんを膝に乗せて・・・ほのぼの~
我が家は明日帰って来る予定です。

愛犬プク

No title
おはよーございます。
我が家のプクも生後1か月で親兄弟と離ればなれになっているので、親の代わりを目指しています。兄弟の代わりには、子供達が間違いなくやれている状況です。ただ、明らかに一番下の娘より「兄」のつもりでいるのか、対等に喧嘩をしています。
そんな子供達が、将来さくらパパのご長男さんのように、月に一度帰ってくる家庭を育んで行きます。
寒くなっってきましたが、暖かーくなりました。
いつもありがとうございます。感謝!
プクパパ

シュナ親父

No title
息子さん…お誕生日おめでとうございます。
くるくるちゃんお兄ちゃんに抱かれて
しっかりケーキを見つめてますね~
この目つきは我が家のうららと同じです。(笑)

小梅母さんの優しさが良く分かりました。
これは何代ものワンコと暮らしている人にしか
分からないことですね。
小梅母さんの優しさにポチ☆

SUNNYMAMA

No title
息子さんお誕生日おめでとうございます!
こうしてブログの中でお誕生日のお写真を拝見するのは何度目でしょうか。。。
そしてそのお写真の中にいつもワンコが居て家族で過ごすお祝って本当に良いですね~☆!

そしてくるくるちゃんのお髭といい(笑)2枚目のお写真の小梅さんの表情♪良く撮れてますね。

autumn

No title
SAKURA家はいい家族ですね~。
お兄ちゃん、お誕生日おめでとうございます。
ワンコの仕草も一つ一つ意味があるをですね。

@SAKURA

No title
みあるさん

不思議とその子によって意味合いの違いがあるような気がします。もともとは、そういう理由があっても愛情や傷探知のはたらきもあったりするようですね。アクちゃん、ルト君のことを大切に思っているんですね。犬種は違っていても家族だと思っているんですね。

@SAKURA

No title
neneさん

皆さんのお話を聴いていると、兄弟や親子でなくてもその家族関係の愛情は存在するんだな~と思います。
長男も27歳ですが、やはり離れて生活をしているので、嬉しいみたいですね。昔からこれが我が家の恒例になってきました。昔からの習慣って知らず知らずにやってしまうんですね。

@SAKURA

No title
ラム母さん

そういえば、今はやっているドラマにも執事とお嬢様の話がありましたね。。(笑) 親子はある意味では、母のことをばったり子供をいつまでも可愛がる姿って印象深いものがあります。
耳は立っているほうが掃除しやすいですね。ウチもいつもくるくるが小梅母の耳を掃除しようとしますが、小梅はどうやら苦手のようです。

@SAKURA

No title
ハマワンさん

ふふふ、ありがとうござまいす。でも、ふつーに育てていれば簡単に家族としてできるようになってくれると思います。肝心なのは、小さいときにどれだけ愛情をかけてあげるかが問題だと思います。
ワンコがいるとそれが自然にできるようになると思います。

@SAKURA

No title
れもんさん

傷を探して癒す動作はよくみられる仕草です。もともとは、記事でも書きましたが母が子供のとこを案じるための行動だということですね。
長男も子供という年齢ではないですが、やはりお祝いをされると自然と昔の子供のような顔に戻っていくんですね。

@SAKURA

No title
ルカさん

ありがとうございます。いつも自分が主役でないので顔はあまり気にしていないようです。長く、ブログの写真を撮影していると顔を写すという感覚がなくなってしまいます。。(笑)
習慣って恐ろしいですね。母と娘の愛情の深さは見ているだけでもほほえましいですね。

@SAKURA

No title
ナナママ

おつかれさまでした。ボラティアの仕事だそうですね。いつも大変な苦労をしてもちゃんとした仕事をされているのが感心しています。ナナちゃん、ヤヤちゃんも優しい母と娘の関係、すごく素敵です。

@SAKURA

No title
ママちゃん

こんにちは~! 昨日はわざわざ~ありがとうございます。
息子さんもそろそろ~帰宅されたころかな? 母と娘はいろんな部分でほかの犬たちの関係は違うところがあると思います。
我が家は、いままでサクラ、すみれ、そして小梅と代々の親子関係を見てきましたが、今の小梅とくるくるの親子の愛情が一番大きなものだと感じています。小梅がこんな母親になるなんて思いも寄りませんでした。

@SAKURA

No title
プクパパさん

コメント、いつもありがとうござます。プクちゃんは、まだまだ甘えたい時期に里子になっているのだから、きっと寂しさもあると思います。犬には宿命があると思いますが、できる限り親の代わりをしてあげられるといい里親さんたちとの関係も作れると思います。
ウチは里子たちを出していますが、一年で一回は再会をするようにしています。それが、親子を忘れないようにできる、たった一つの罪滅ぼしのように思っています。

@SAKURA

No title
シュナ親父さん

小梅に限らず、皆さんのワンコたちも同じような大きな愛情を持っていることを知ってもらえれば嬉しいです。
人間は犬たちには、そんなに複雑な感情がないと思っていたらとんでもないことです。ワンコの愛情に応えられるように私たちも普段から考えてあげないといけませんね。

@SAKURA

No title
サニーママさん

そういえば、ウチは家族全員の誕生会をするときは必ずケーキを買って、みんなでお祝いするのが恒例ですからね。小さいことですが、子供たちもそれが当たり前と思って、きっといつかは自分の子供たちや家族にしてくれるようになってくれると嬉しいですね。
ひとつひとつ、家族には歴史を作るように思い出を積み重ねていくの大切だと思います。

@SAKURA

No title
ココアママさん

ありがとうございます。それでも子供たちがどんどん年をとっていって、そのうち自分の家族を持つようになると、そういう習慣も薄れていくと思うと、寂しいことですね。孫?がワンコたちと遊ぶ姿をブログに載せられるまで、続けていきたいと思います。

じゅりまま

No title
妖怪タイムに、こんばんは♪

なるほど!そんな意味があるのですね。
我が家では、若い方のささみが、年長のきなこを眠くなると
舐めています。
幼子が、眠くなると くちゅくちゅ 大切なモノをさせる
みたいな誘眠の動作かなと 眺めていました。

ひとつ、お利口になりました。 ☆ぽち☆

@SAKURA

No title
じゅりママさん

いつも遅い時間から早い時間まで・・・・・
時間よりママさんの生態のほうが妖怪?かなって。。。(笑)

それぞれ認識はいろいろあると思います。傷の手入れ、そして毎日のブラッシングのような子もいますね。決めてかからず、いろんな方向性を観察するのも楽しいことだと思います。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ