FC2ブログ

よい獣医は神様!

ここのところ、台風が去った後の朝の涼しさは嬉しいばかりです。 皆さんとワンコたちの散歩もきっとそんな

楽しい時間になっていることと拝察しています。 この涼しさ、できることならば一年中こんな気候であってほ

しい思いますね。 日本には四季という季節の変わりがありますが、最近の異常気象には本当にカラダの負

担がひどく負担になっているように思います。




近所のクリーニング屋さんの玄関先に植えられたゴーヤのカーテン、今年は大活躍をしたようですね。 

我が家
もそろそろ~ベランダに設置してあるスダレの撤去を考えています。 ただ、昼間は今日も30℃近

くの気
温になって、この撤去の時期も判断が難しくなっています。





先日、以前にお世話になった中国漢方の先生のところに相談があって行ってきたのですが、この病院は

予約制度をとっていて、それでも1時間で5~10頭のワンコの診察をされています。

シュナウザーに関してだけいえば、腰痛に悩んだり関節が悪くなる実例は少ないと思います。 ところが

これが犬種が変わるだけでも、かなりの多さに驚きます。



診察のときに目立って多かったのは、やはり体高の低い犬種。 ダックス君、コーギーちゃん、それにテ

リア系の何種類かも、待合室で待っている姿がありました。

先生の話しでは、かなりの確率で腰痛や骨格で悩んでいるワンコたちはたくさんいると・・・・ 待合室で

いる飼い主さんの話しを聞くと、近くの獣医さんなどにサジを投げられたヒトばかりがここに来ていると

いう話しを聞きました。 おそらく病気に悩みに悩んだ末にたどり着いたんでしょう・・・  先生はもはや

神様呼ばわりされていましたよ。。(笑) 

  きっと最近のフローリング化が半分くらい原因だという

話し・・・・ちょっと身につまされてしまいます。。



その先生ですが、住んでいらっしゃるマンションでよく腰の悪いワンコを発見するそうです。 ところが、

そういう飼い主さんに限って、まったくの無頓着。 

先生、今にも話しをしようと思うのですが、「営業」と思われてはいけないと。。いつも、ノドまで出かかっ

た言葉を鵜呑みにすると話しをされていました。




私、いつも思うことがあるんです。 獣医さんであろと、針灸の先生であろうと・・ 病気を治せるヒトは素晴

らしいと思います。 中にはいろいろゴタクを並べて、まるで評論家きどりの獣医さんっていませんか?

そういうときは・・・・


「能書きはいいから、早く治してみせてよ!」ってね。。(笑)


医学には西洋、東洋やいろんな医学があると思いますが、究極は治せる治療ができることが一番です!

以前にそんな話しを先生にしたら、「それは、もっとも!」 と褒められましたよ。。(笑)





長い余談になってしまいましたね・・・・




そんなことで、朝7時を回る時間でも今は涼しいですね。 早起きが苦手な私にとってはありがたい限りです。

ただ、その代わり夕方の陽の落ちる時間の短くなったこと。 できるだけ明るい時間に散歩にいってあげたい

と思う私には、帰宅時間を4時くらいにするしかないか~



コメント

ふくりん

No title
小鳥専門の病院でも同じ事が言えるかもしれないですね~。
やはり連れて来ている種類と病気が大体一致してるような気がします。

なにはともあれ元気が一番ですよね(^-^)

みある☆

No title
はい、4時に帰ってください(笑)

最初に鍼先生を訪れた時に同じこと言われました、治ればいいんですと
その気合いを先生には感じてるので、みなさん集まるんだと思います
うちは最近電話で話すだけですが、そろそろルトを診せる時期かなぁ

@SAKURA

No title
ふくりんさん

そうですね。やはり持病ってあるみたいですね。犬種ごとの・・・
健康が一番ですが、いつかはお世話になるもの。用意だけはしておきたいです。

@SAKURA

No title
みあるさん

針の先生はすごいですね。みんな神様の扱いですもの。。
話しは長いけど、すごく親切で全部聞いているとノートがいっぱいにメモがなっちゃいます。定期的に診てもらっていると安心感がありますからね。4時か・・・・(笑)

ナナママ

No title
もう窓を開けていると肌寒くなってきました。
でも、日中は30度…まだエアコンは必要ですね。
犬種によって色々な病気がありますが、飼い主さんは藁もすがる思いで来診に来ていることだと思います。
皆治してもらえると信じていますからね。

シュナ親父

No title
信頼のできる先生にお任せしたいですよね。

こちらはもう秋に突入ですよ。
陽が落ちるのもだいぶ早くなりました。
夕方の散歩が暗くなるので、注意ですね。

@SAKURA

No title
ナナママ

ママさんのところは、風通しがよさそうなので余計ですね。夜の散歩もずいぶんと楽になったことでしょう。。♪
日中はまだまだ、残暑とこの湿度があるのでしばらくは・・・・
犬種別のフードとか最近は多くなりましたね。それも犬種ごとの病気によるものなのでしょうね。

@SAKURA

No title
シュナ親父さん

我が家では、もうすでにかなりの獣医さんとかかわっていますが、とにかく全面的に信用できるヒトって少ないですね。
いいところどり?をしながらいろいろワンコたちのために考えています。

寒いくらい?というコメントもあるようですが、秋もあっという間に過ぎ去ってしまうことでしょう。。

noriran

No title
鍼先生が神様扱いされるのもわかりますが、いかにそれまでの治療が効を奏してないか、ということも言えます。
鍼先生は経験とご自分の想像力を駆使してあれこれ考えた治療をしてくれます。もの言わぬ動物たちの中で何が起こっているか?想像力のない先生はマニュアル的治療にとどまってしまうのが問題だと思います。かれこれ3年近くのお付き合いですが…話すネタが尽きないのが不思議です。

シュナ母

No title
初めまして、うち子は8歳、2匹いますが、そのうちの1ぴきが脂肪腫という持病がありますそれも5個もあり、毎年増えて悩みの種です。でも、良い先生に出会えて精神的には安心です。

めし使い

No title
とっとも患者さんが多い獣医さんですね!
信頼が置けるのでしょうね。
ワンコは話せないのに、見ただけで腰痛を察知するってすごいですね!

現在腰痛で腰ベルト装着ですので、そんな素晴らしい先生が人間にもほしいです!

みこ

No title
人間の医学にも同じことが言えますね。何を信じたら良いのか・・。
治療学がもっともっと進んだり、東洋と西洋医学がうまく協力しあって治療ができたらいいんですけどね。
動物病院、色々納得いかなくて変えてきました。今は親身になってくれる先生ですが、信頼できる先生を探すのも大変ですよね。
私もフローリング気になっています。帰ってくると立って喜ぶ姿にも「ダメ~~」なんて(笑)
4時帰宅!いいですね♪ 朝7時にお散歩なんて・・・まだ夢の中です(汗

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
我が三冬も喜ぶとすごい飛び上がりを繰り返します、あまりさせない方がいいのかしら。

@SAKURA

No title
noriさん

先生は若いのにいろんなことを知っていらっしゃいます。
たしかに、ほかの獣医さんにサジを投げられているヒトが多いと思います。西洋医学にも東洋の考え方が生かされるといいなぁ~と思いますね。

@SAKURA

No title
シュナ母さん

いつも訪問してくれてありがとうございます。年をとるととにかく腫瘍というものが気になります。シュナはそれが多い犬種だと聞いています。ガン化しないようにケアをお願いしますね。

@SAKURA

No title
めしさん

ウチの妻も病院通いをしていて、こんな先生が人間にもいたらな~といつもこぼしています。逆にこんな先生が我が家のワンコたちの味方になってくれていることはすごく心強いです。

@SAKURA

No title
さちさん

こんにちは、昨日は帰宅が早かったんですね。
フローリングでも、適当に敷物を使ってあげればいいと思います。とくに若い年代は、骨格が決まっていないので余計です。
獣医さん選びはいつも疑惑をもっていれば、大きな失敗はないと思います。

@SAKURA

No title
三冬ママさん

年をとるとともに、どんどん体力がおちてくると、また行動も変わってきます。三冬ちゃん、お転婆さんなんですね。(笑)
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ