FC2ブログ

選択の自由

昨日、プロ野球のドラフト会議が行われました。 注目のハンカチ王子こと、斎藤佑樹投手ですが

抽選の末、北海道日本ハムに1位指名権が決まったようですね。 


昔、子どものころ、巨人のON時代最盛期にあって、球団の力の差をなくする目的で始められたド

ラフト制度は、大学生、高校生たち若者たちの自分の好きな仕事場を選択することを奪う、悪しき

制度だと思っています。

もっとも、最近は昔と違って巨人一辺倒の時代ではありませんから、若い選手たちには自由な選択を

させてほしいなぁ~と思っています。








さて、ワンコの世界でもこのドラフト制度にすごく似ているものがあります。

生後60日を過ぎると、生まれた子どもたちの里親さんを選択をする時期が来ます。本当は母親、そ

して父親のところですべの子が育てられればいいのですが、住宅事情なとの理由から里親さんに出す

ことは避けられない現実があります。そこで、できるだけ私たち実家の環境に似ているところ、そし

て犬に対して考え方が似ている人の元に里子たち任せようとするわけです。



私たちもくるくるが産まれた7ワンたちの里親を探すときも苦労をしました。 できるだけ近くで再

会のできる環境であること。そしていい飼い主と出会いたい。。 これは犬の出産をするものとして、

皆さん、同じ思いであると思っています。

今まで、数回にわたり、里親さんの里子も申し出を断ったことがあります。 それはあまりにも環境

が犬を育てる相応しくない場合と、考え方が違っていたことがその理由でした。



子犬の毛色のことや、体長のことをまるで解説者のように言われると、そこは可愛いわが子、、、黙

っていられるわけなどありませんからね。。 あとで後悔はしますが、不安な気持ちを引きずって子

どもたちを心配するよりは、断った方がマシ?ですね。。いつも家族にそう言って、言い訳のように

していますが。。(笑)







これまで、10家族以上の里親さんと出会いがありましたが、我が家は本当に里親さんには恵まれて

いると思います。 特に隣に住んでいる人が里親を申し出てくれたときには、家族揃ってすごく喜ん

だものです。

今年も5月に里親さんたちと子どもたちとの再会をしていますが、本当になにより嬉しいですよ。

自分の目を信じて里親さんにお願いする経験をすると、犬を好きな人が初対面でもある程度は分かる

ようになってくるものです。。♪







さて、夕べはくるくる&小梅さんのお風呂でした。 この二人のお風呂当番は私の仕事です。

帰って、夕飯のあと、部屋の室温を温めてお風呂から上がると、ふたりの運動会が始まります。。(笑)

走ったり、飛んだりそして綱引き?も始まります。。 こんなに、子ども思いの母がいるところに生

活をしているくるくる。 兄弟の中でそんなことができるのも、貴方だけですよ~! 

つつしんで自分の境遇をシアワセと思ってください! (笑)


コメント

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
親子の綱引きが見られるなんて幸せ☆。いいなあ^^^
だけど大変でしょうね、手放す時はよけいに@@@{涙}
一度は経験してみたい!!!

sana

No title
綱引き!楽しそう~

里子にだす気持ちは複雑ですよね。
出来れば手放したくない子供達ですもの

出したあとも気になって気になって
仕方なくなりそうです。

AQUA_FAMILY

No title
我が家も近くであればSAKURAさんから譲って頂きたいです。
こんなにも愛されているご家庭のくるくるちゃんの子供&頼りになるシュナアドバイザーの双方を獲得できるんですから(*^_^*)
こんな素敵なご縁はないように思われます(^^)

昨日はMちゃんのお友達のパパが「ワンコ飼いたい」と言われたのでシュナをお薦めしました。
きちんとした方にシュナの輪が広がれば。。。夢みてしまいますね♪

たらこママ

No title
我家も色々考えますよ~。
皆さんとっても良いオーナーさんばかりで
安心しています!

近場ではいそのファミリーが集まってますが
少し離れた所はなかなか難しいです。
でもね近況報告を皆さんしてくれてますよ。

SUNNYMAMA

No title
家の旦那さんはバセットハウンド(←カタカナにするとこれで通じるかしら?)耳が長くて足が短いハウンド犬と暮らしていて12頭の子宝に恵まれ1頭だけを残し後は里子に出したそうです。
数カ月後にドックシェルターでその里子と思われる子を発見!
とてもショックだったそうです。ヒドイですよねぇ...(T_T)
もちろん連れ帰り新しい里親さんを見付けたそうですがそれ以来もう子犬は産ませないと決めたそうです。
私達愛犬家にとってワンコの赤ちゃんは孫?子供?(笑)と同じ存在
どうか幸せになって欲しいと思うSAKURAファミリーのお気持ちとても良く分かります。

ラムチャ

No title
↑この映像、楽しそうですね♪
小梅母の動きは「遊んであげている」のが見ていてわかります。
そしてくるくるはマジになってますね^^
うちも時々ラムがチャーの引っ張り遊びの相手をしていますがすぐに飽きて私たちの方へ・・・自分が母に遊んでもらった記憶がないから
なのかな~などと思うと辛くなります。
我が家の長男君は今頃どうしているのやら・・・
やはりパパさんの言われるような環境へ里子に出せるのは理想的ですね。

くるみママ

No title
こんにちは^^
くるくるちゃんと小梅さんの綱引きとっても楽しそう(^^♪やっぱり小梅さんは母の顔してますね^m^
うちのくるみももう少し大きくなったら子供を産ませようと思っていますが、くるみと一緒に子犬が産まれるのを経験する私自身、手放したくないとか思ってしまうような気がします。でも子犬たちを幸せに育ててくれるところをちゃんと見つけてあげられるなら、その気持ちも安心へを繋がりますよね。実際産まれたら一人はくるみの子供を家に残したいとも思っていますが。

@SAKURA

No title
ラパンママさん

きょうは台風の一日になりそうですね。綱引き、いつもこんな風にやっています。多頭にするとラパン家も賑やかですよ!

@SAKURA

No title
みあるさん

こればっかりは、妥協することもできないひとつです。
我が家では、まずはダメなら自分で育てる覚悟をしてから里子を探すのです。だから、決まったらラッキー!
いい人にめぐり合うのも、犬たちとのいつもの付き合いが肝心だと思います。大切に育てていれば、そういう人にめぐり合う一番の近道になっているような気がしますね。

@SAKURA

No title
三冬ママさん

本当はみんな一緒にいたいというのが本音ですよ。
そりゃ~寂しいですよ。でも、再会できる環境にあれば、それも解決してくれることだと思っています。

@SAKURA

No title
sanaさん

うんうん。その通りです。気になるんですよね。
ちゃんと気にかけてくれる人は写真をおくったりしてくれます。ブログなんてやってくれるとそれはもう嬉しいですね。

@SAKURA

No title
アクアママさん

ふふふ、ありがとうございます。でも、里親さんにも近くで母親や兄弟がいると安心できるといわれます。
自分が逆の立場だったら、きっとそう思うでしょうね。シュナって期待を裏切らないいい犬種だと思いますよ。

@SAKURA

No title
たらこさん

ウチのような家族的で小規模ならまだしも、ブリーダーをしている人の中で細かく一族の世話をしてくれる人って少ないですよね。
たらこさんは、その点では先進的だと思います。これからはそれが主流じゃないかな~と思います。

@SAKURA

No title
サニーママさん

はいはい、ハッシュパピーのワンコですよね。。♪
でも、里親さんのことをちゃんと吟味していれば、そういう危険って少ないと思います。我が家は飼えなくなったら、引き取る約束をしています。とってもわが子を粗末になんてできないですからね。。

@SAKURA

No title
ラム母さん

さすが~です。実は小梅は、この時期に母親を亡くしていますし、すみれもこんなに遊んであげる子ではありませんでした。

その点、この子は素晴らしい母親らしさがあります。その母性をくねくねが受け継いでくれるといいと思っています。そうなると余計に里親さんのハードルをあげそうですわ。。(笑)

@SAKURA

No title
くるみママさん

出産の一番の目標をつくるといいと思います。ウチでは婦人病の防止策のひとつとして。。そして、種の保存、血族を残してあげたい樋上野が一番の目標です。出産と育児はすごく大変なことですが、子育てをしている経験のある人にとっては懐かしい体験になると思いますよ。。

ふくりん

No title
綱引きの様子、リプレイしちゃいました(^v^)
楽しそうで良いなぁ~♪

@SAKURA

No title
ふくりんさん

母親も7歳になった小梅さん。かつてこんなに遊んであげる母親っていませんでした。やはり子供が可愛いんでしょうね。ありがとうございます。

な~が

No title
なるほどー、子供達もドラフト会議ならぬ里子に出る時期が来るんですもんね。
我が子をお嫁に出す疑似体験を何度もやっておられるようなものでしょうか。

@SAKURA

No title
なーがさん

うんうん、反面そうなんでしょうね。願っている人のところにいけるのはいいですが、実家としては心配がつき惑います。
あ、お嫁というのは女子限定ではないですね。。(笑)
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ