FC2ブログ

骨が折れる




皆さん、おはようございます。 今朝は台風の影響で関東もすっぽりと雨雲の中に入り込んだような天気です。 

これから4日間、こんな空模様が広がるようですが。。


先日、大雨の被害の奄美地方ですが、この台風の通過が懸念されているようです。 まさに弱り目に祟り目っ

こんなことをいうようですね。  どうか、奄美地方の皆さんにおいてはお見舞いとこれから来る台風の被害

が無
いように、お祈りをしておきます。



さて、昨日の夕方、昨年入社した20歳代の職員が帰社したところ、右腕が蜂に刺されたように腫れあがって

いま
した。 すぐに近所の整形外科に電話して診察を頼んだところ、予想に反して腕の甲が骨折していたよう

です。
 なんでも、マンション現場の玄関扉にはさまれたとか。 今朝も大きな包帯をして痛々しく出社して来

ました。
 私もこの仕事をして30年くらいですが、前代未聞のことに最近の若者の骨のか細さを感じてしまい

ました。




骨といえば、ある新聞の記事を思い出しました。


九州地方の私立短大に勤めている講師の体験の話しですが、社交性などを診断する性格検査の際、配った

解答用紙に書いてあることが理解できない学生が少なくなかったという経験が綴られていました。

まず 「怠惰」 や 「まごまごする」 の意味が分からない。 これはこの講師の想定内だったようですが、「骨

が折れる仕事は嫌です」
 という項目に対して、女子学生が 「『骨折する仕事』 が嫌なのは当たり前。(笑)


「違う意味があると思ったので…」 と質問してきたことについては驚いたようなのです。


「骨を折る」 と 「骨が折れる」

言葉の違いはわずかですが、その意味はまったく違ったものですよね。。(笑)  よく言うところの国語力の低下

がささやかれていることが実証されたという話しでした。


私も毎年、一年で30冊の読書をするということを目標にしています。タダでさえ、理系の私は国語力が低く、

ログの記事を書くときでさえ、言葉選びに惑うことがあるのです。

それを解消するためには、今更、国語の授業ではありませんから、やはりたくさんの文章を読むことで補うこと

を糧としているわけであります。


今年は残念ながら、今まで読んだ本はヒトケタの6冊。 10月も終りに近づいているのに・・・・・・


今年もあと2ヶ月。 今からでもちょっと馬力をあげて読書の秋を堪能しようと思っております。。(笑)


さて、雨の日はしょげてしまいますが、、、、頑張って一週間の後半を乗り切りたいと思いますね。

コメント

加奈先生の音楽教室

No title
それは感じますね~。子供達のレッスンの時もきょとん・・(*・o・)としてる時もしばしば・・・・私も語録が多い方ではないと思いますけど、いちいち子供達に意味分ってる????と確認しています。
ピアノの先生だけど、そういうところにも気をつけないと、レッスンになりませんからね~。来年からは脱ゆとり教育らしいですから、そこに期待ですね☆

おうまさん

No title
こんなに寒いのに何故台風!?って感じですね。
北で雪が降ってて南に台風なんて聞いたことがないような気がしますね。

おうまの骨は頑丈なようで折れたことがありません(笑)

ふくりん

No title
ハハハ(笑)
確かに骨折するような仕事は、私もしたくないわ♪☆彡

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
言葉は難しいし、面白い 孫も時々面白いことをいいます、ちょっと思い出せませんが、笑いますよ^^^
その孫就学旅行で沖縄に行っています、大丈夫かしら。

noriran

No title
私も骨折する仕事はしたくないなぁ(爆)
まわりの大人が使わなくなっているのも若い子が知らない理由かもしれませんね。

アトム&なな

No title
「情けは人のためならず」私達は人にやさしくするとそれが回りまわって自分に帰ってくると思っていますが今の若い人は他人にやさしくするとその人のためにならいと思っていると聞いてビックリです

若者の骨が弱いのはダイエットや食習慣から来ているとか
今からそれじゃ年をとったらどうなっちゃうのかしらね

わさび母

No title
世代によって使う言葉が違ってくるのは多少はしかたのないことなんですが、本当に本当に、今の子供たちは常識的と思われる言葉を知らないので驚き焦ることがあります(^_^;)
多くの年代の方と話したり、接したりする機会が昔のほうがあったのでしょうね。世代の違う人たちの言葉を聞いて、難しい言葉やちょっと古めかしい言い回しを覚えたりしたものなのに、そういう経験が乏しい子が増えているような気がします。
我が家も他人事ではありません…本だけはいっぱいありますが…

@SAKURA

No title
加奈さん

でも、その脱・ゆとりですが・・・・・今更?今の子どもたちのタガを緩めたら、ゼッタイに手がつけられないくらいに甘甘な子どもたちができるんだと危惧をしています。
ピアノであろうと、学校の先生であろうと教師といわれるヒトたちには教育というカテゴリーにあるものですから、絶対に子どもをいい方向に導いて欲しいと願っています。
言葉だけでなく、人間性もね。。(笑)

@SAKURA

No title
おうまさん

一度も会ったことがございませんが、ゼツタイに太いと確信をしています。。(笑) 台風、どっかにいってほしいなぁぁ

@SAKURA

No title
ふくりんさん

ふふふ、そこですか。。(笑) まあ、誰しもキツいこと、苦しいことは断ってしまいますよね。。だから、フリーターが多いのかも??

@SAKURA

No title
三冬ママさん

沖縄ですか~? 直撃はないけど、足止めされる危険がありますね。
記念に残る旅行だから、そういうことがないように。。

@SAKURA

No title
noriさん

そういう私たちも使わない言葉が多くなったと思いませんか?
仕事場でも死語!っていわれることが多くて多くて・・・・(笑)

@SAKURA

No title
アトムママさん

ふむ~!? ことわざの言葉すら変えてしまう勢いがあるんだ。。(笑)
たしかに言葉は文化だし、言葉が変わる良さもありますが正しい使い方を知らないで使うのは困りますよね。。
若い人間のいる職場では、毎日がそれの連続です。。

@SAKURA

No title
わさび母さん

現代の子どもたち、うちの息子と娘もそうですが、小学生のときに本を読む教育が少なくなったと体感していました。今はゲームにテレビ、そういうものが優先される社会。親たちも世代的には、団塊の世代の子どもたちが多いからでしょうか~?

もっと子どもの育児や教育の手を掛けないといけないんだと思います。自分の子どもの頃に手をかけられていない子どもがオトナになると、そういった傾向があるそうですね。

じゅん

No title
日常会話に出てこない言葉、漢字はどんどん忘れてしまいます。だからこそ本を読まなくてはいけませんね。パソコンの光る画面よりもほんの活字が落ち着きます。アナログなのかな。。。

みある☆

No title
そうなんですねー
じゃあ、骨折り損とかわからないのかしら?
『骨折って損したー』とか思うわけ?
活字は大切ですよね~、とはいえ、私も最近全然読みませんけど
テレビやゲームの影響で、画像とか映像でみることが多いんで、本などの活字だけだと状況とか想像できないっていいますもんねー
もったいないなーって思っちゃいます、想像の世界ほど楽しいことはないのにね(笑)

ラパンママ

No title
確かに、簡単な漢字も忘れる事が。。。
今は、本を読む子は少ないんでしょうね~
パソコンやゲームや携帯には、めっぽう強いですけどね(^_^;)

@SAKURA

No title
じゅんさん

場合によってはアナログのほうが記憶に残るって思います。
データにするものには勝てませんが、心の中はアナログのほうが好き
ですよ。。

@SAKURA

No title
みあるさん

昔、私たちがラジオに夢を感じたこともそうでしたよね。。♪
言葉ってそういう部分の繋ぎってアナログのほうが意味合いに雰囲気や情景がのせられますね。
骨折のはなし・・・・それは理屈をこねるって世間ではいーますよ。。(笑)

@SAKURA

No title
ラパンママさん

昔から、漢字の力って読む力ではなくて、書く力だといわれてきましたよね。このままだと、変換すら選べる力がなくなってきそう。。。(笑)
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ