FC2ブログ

母への脳の変化





今朝は雨。 外の散歩ができず、やむなく近くの立体駐車場に3ワンコを連れて行きました。

そこには、いつもの散歩の仲間のアポロ君や、くるくるの妹の菜々ちゃんたち、たくさんのワンコが

来ていました。久しぶりの雨の天気に皆さんも同じことを考えていたようですね。

こうして、愛犬のことを心配したり、愛情をもって接してくれるって自分の子たちでなくても嬉しい

ことです。




昼休み、日中、いつもくるくるとサクラさんは同じカーペットの上で過ごすことが多いそうです。

サクラとくるくるの関係は、孫ならず、ひ孫と曾祖母の関係なんですね。 人間でもなかなか~

ここまでの血縁というのも難しいですね。 ワンコたちってそれを考えるとすごいと思いますね。



さて、よく結婚をしたら奥さんの性格が変わった? なんていう話しは男子の私たちにはよく聞

かれる話しです。 これって酒の話題だと思っていました。。(笑)

ところが近年になって、出産をすると生理学的な理由で女性の脳が変化をするということが分かって

いるそうですね。 



女性は生まれつき母親なのではなく、母親になるということとです。 ラットからサル、ヒトまで

ほとんどすべ
てのメスの哺乳類は、妊娠し母親になると行動が根本的に変化します。 

それまでひたすら自己の欲求と生
存だけを追求していた生物が、子どもの世話や幸せに重点

をおくようになることで脳の変化が起きるといいます。


こうした現象は以前から知られていましたが、最近になってようやくその原因がわかってきたそ

うです。
妊娠や出産、授乳中の劇的なホルモンの変動のために母親の脳が再構築されているそ

うです。    (脳のニューロン変化より)







この話しから、小梅さんが母親になってすごくシッカリしてきたことの裏づけになりました。

考えると、小梅の母親すみれも出産を期に、サクラからリーダーの座を譲り受けれたことがありました。


現在、12月の交配、そして2月の出産、育児を予定しているくるくる。 家族もカノジョの母親になれる?

かどうか、心配だったのですがこれはグッド・ニュースになりました。。(笑)

今、どんなにキャピキャピしていても、その時が来ればちゃんと母親らしさが出てくるんですね。♪



でも、あまり早い時期から母親になることで、子どもらしさを無くしてしまうのも、なんかとても惜しいような

気持ちになりました。

あと少し、いや、もっと長い期間、子どものままでいせさてあげたいですね。 ただ、犬の妊娠適齢期とは、

1歳半くらいから4歳の後半とされています。 我が家の場合、早熟を避けて3歳が一番の時期としている

ため、今年の冬がカノジョにとってもカラダのリスクを最小限にできる時期なのです。


惜しみながら、子どもらしさのあるくるくると楽しい時期を過ごせるといいと思っています。







コメント

mamachan

No title
大変長らくのご無沙汰でした~<m(__)m>
これからさかのぼって記事を拝見します~♪

『母親の脳が再構築』すごいもんですね。@@

ルーシーは授かり婚のギャルママだったせいか、ホノボノするようなエピソードはあまりないのですよ。
ベビー誕生までは自分が一番のお姫様だったので、姉妹にお株をとられて調子狂っていると言うかちょっとすね気味というか・・・

今は私達が意識して可愛がって騒いであげています。(*^_^*)

@SAKURA

No title
ママちゃん

わかります。ウチもせがみはしないものの、それまでのお姫の小梅さんは私たちが可愛がってあげて、その気分を晴らしいているようなところがあるんです。いずこも一緒ですね。母と娘は特別な存在です。

ピロママ

No title
歴代のSAKURA家みていたら、くるくるも間違いなく素晴らしい母親になると思います!まぁ、赤ちゃんがお腹にいるときから守ってあげられるのは自分だけそして、つねに頼られているっと思ったら、習慣っていうのか、常にそういう意識の中にいることになるから、いつまでも身軽な状態でいられないから、母親になると変わるってわかる気がします。

autumn

No title
昨日、テレビでもこんなようなこと言ってました。
子供のままでもいてもらいたい。これは複雑な親心ですよねー(^.^)

みある☆

No title
母親になると確かに精神的には変わるんだと思っていましたが、身体も変わるんですねー
命って神秘的~★
くるくるは大丈夫、きちんと教えてくれる母や曾祖母がいるし、なにより頼りになるパパさんたちがいるものねー
今年の冬はとても寒いと予報が出ています
対応できるように準備してあげてくださいね
なんか・・・私まで緊張しちゃいそう(笑)

sana

No title
くるくるちゃんの独身時代は
もうすぐ…と思うと寂しさもあるでしょうが、また一つ家族が増える楽しみが
ありますね。

SUNNYMAMA

No title
女性は妊娠期間中にも気持ちの変化がありますがらね♪
男性もそんな奥さんにつられてちょっとは変わるのかしら?
最近のお父さんは子育てにも協力的ですよね。
渡る世間は鬼ばかり(ハワイでも見れます。)
ラーメン屋さんのお婿さんは(名前が思い出せない)幼稚園の送り迎えとか頑張ってますね~(笑)ワンコのパパさんは一緒に住んでいるとどうなのかしら?

pochasann

No title
女性の神秘がうらずけられたのね。
妊娠したころから徐々にホルモンが変化するのでしょうね。種の保存に大切な事なので神様が塩梅した。
ありがたいことです、大切にしたいですね。

ナナママ

No title
やっぱり動物でも母親になると変るんですね。
理屈じゃないことが分かります。
ナナもかなり変りました。
出産させてよかったと思っています(^^)
ヤヤは筋入りの甘ったれです(笑)

@SAKURA

No title
ピロママさん

ありがとうございます。経験者に言われると勇気がわいてきますね。母親の仕事はがんばってくれると信じていますが、最後は小梅母とサクラ祖母ちゃんがいますからね。そのぶん、安心しています。

@SAKURA

No title
ココアママさん

私たちのワガママだけではいけませんもの。くるくるもそういっているウチに母親の顔になってくるかな~♪

@SAKURA

No title
みあるさん

ありがとうございます。寒さ、出産のときは要注意ですね。それと妊娠中もしっかり温度管理をします。流産の一番の原因は冷えというのはミサナンの経験から痛い経験も目の前にしています。
動物ってちゃんと自然の中にいろんな工夫が潜んでいるんですね。
野生ってすごいですね。

@SAKURA

No title
sanaさん

3年ぶりのあのモグラ星人たちを見れると思うと、それも半分は楽しみです。

@SAKURA

No title
サニーママさん

きびしい話しですが、ワンコたちには父親が一緒に生活をするというのが野生の中でも許されてしません。ましてやウチは女性たちの家族。
これに父親がはいったら、すごいことになりそう。。(笑)

@SAKURA

No title
ぼちゃさん

野生を失っていなければ、たくさんのそういう自然の摂理ってあるんだと思います。人間は母性そのものが失う場合って多いみたいですからね。

@SAKURA

No title
ナナママ

それでは、やっぱりオトナにするためには母親になるのが一番と
いうことですね。ナナちゃん、昔からシッカリしていたかになー!

M&R

No title
母親にとして思うのは子供が母親へと成長させてくれていると思います。お腹の中にいるときからともに成長してるような感じでしたね。

わんこは4歳までが出産適齢期と考えると無邪気な可愛い時期は限られてきますね(ノ_-。)うちの子は幾つになっても甘えたで今も膝の上に居ますが。。。 (^_^;)

@SAKURA

No title
M&Rさん

里親さんの話では、出産を経験しないとやはり子供のままでいてくれるようですね。それを考えると、ウチの子供たちはかわいそうなのかもしれません。ただ、種の存続を考えると実家である宿命みたいなものですね。

なでぃーん

No title
はじめまして。カテゴリ検索からきました。
私もシュナ大好きです!
今、1匹男の子がいるのですがもう1匹欲しいんです。
SAKURAさんは生まれた子犬はどうされてるんですか?

@SAKURA

No title
なーでぃいんさん

はじめまして。ありがとうございます。
ウチの場合は、里親さん探しはだいたい知り合いやこのブログの友達に御願いしています。来年の春はうちの3番目、くるくるの出産予定です。多頭にするのも本当に楽しみですよ。。♪
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ