FC2ブログ

ワンコ中毒?

この大阪行きは、サクラと同居して12年、はじめての3日の留守番の体験でした。

ご飯を食べていると、いつもは足元に来ている3ワンコ、ツンツン~! なにかくれとばかりにせがむサクラ

たち。布団を広げると、バフッとばかりに飛んでくるくるくる。そして、なにより外に向かって動くものに反応

する小梅さん。すべてがない3日間は、とにかく手持ち無沙汰でした。。(笑)



私たちって、知らない間にワンコ中毒?になっているんでしょうか?

今朝も朝から駐車場の動く影を見ては、反応している小梅さん。その吼える声がなにともなつかしくも

落ち着いて聞こえてきました。。(笑)








さて、日曜日から始まったTBSテレビ

『獣医ドリトル』を皆さんはご覧に

なったでしょうか?

もともとは、週刊マンガのドラマ・バー

ジョンですが、小栗旬くん演じるドリトル

先生の「獣医はビジネスだ~!」



というセリフに、ここ最近の動物流行の現状を考えさせられましたね。

この第一回目の放送は、マンションから転落した猫の手術をめぐっての訴訟騒ぎになる話しです。



現代は、人間の医師たちにあっても医療裁判がひんぱんに起こり、産婦人科や小児科になる医師がいない

という実情があります。 今回は私たち愛犬がお世話になる獣医さんが訴訟にまきこまれるという話しです。

物言わぬ、動物たちに適切な治療をするのが当たり前と思っていたら、正直、大変なことになりますね。

私を含め、皆さんもそういう経験を何度かしたことがあると思います。



ただ、心無い飼い主さんが、勘違いなどでいい獣医さんを苦しめる結果になるとそれは残念なこと

だと思いますね。そのためには、飼い主が獣医まかせにしないこと。そして、知識をもって愛犬の病気

に接することが必要だと思います。


このドラマの中では 【安楽死】というキーワードがたくさん出てきます。 私のところでは一度も経験が

ないですが、犬=家族と考えると、自分の家族を安楽死させる勇気はまだ、私にはありません。

それが最良の方法と言われると、自分でもきっと決断に迷うことがあると思います。

できることなら、そういう経験をしないようにしたいと思ってはいます。



このドラマ、愛犬家のわたしたちにはたくさん学ぶことが多そうですね。 もし、ご覧になっていない皆さん

一度、ご覧になって愛犬との獣医との考え方を再考するいい機会になってくれると思いますよ。





コメント

信長の安土城を築城する老夫婦

No title
私もドラマ途中で観るのやめました。安楽死経験ないですが、最近駐車上で猫が4匹も子供を産んで動物病院へ連れて行くと、まだ眼が開いていないので、このまま安楽死させたほうが良いといわれたそうです。その後は聞いていませんが~~~。

ラムチャ

No title
永遠に不動の答えが出ない問題ですよね。
愛するワンコに苦しむだけの状況しか残されていないとなると・・・
考えるとおかしくなりそうですが 実際そういう選択を迫られた時に決めてあげれるだけの覚悟の準備もしておかなくてはなりませんね。

アトム&なな

No title
アトムの最後は自然にまかせましたがその先代のシュナは私の腕の中で安楽死をさせました
もう15年も前ですが思い出しても涙がでます
安楽死を選んだのはシュナの弱点といわれる膵臓癌の末期です
手を尽くして下さった獣医さんから後は苦しむだけなので楽にしてあげたらいかがですかと言われ最後は私が判断をしての安楽死でした
信頼をしている獣医さんなのでアトムからななと3代続いて今も御世話になっています

ワンコも可愛いですが旅行もしたい私です
旅行に行く前には獣医さんに診てもらい娘や主人に預けて出かけます
私は旅行に出た時はワンコのことは思い出さずに楽しむことにしています
預けた娘からも旅先から電話はいらないと言われるのでその言葉に甘えさせてもらっています

korenn

No title
考えてしまいますね(^_^;)
見損ねてしまいましたので、次は見たいなー

ナナママ

No title
中毒…分かります。
私も今どうしているのかと思いますから。
初めは動画で送ってもらったりしました(^^)
ドリトル…初回見るの忘れちゃいました。
安楽死…難しい選択です。
出来る所までやるそれだけしか今は考えられません。

ふくりん

No title
ワンコ中毒…ここにいる皆さん間違いなくそうだと思います(笑)

安楽死。。。私は経験がありませんが、叔母がネコで安楽死を経験してます。難しい選択ですが、間近でそれを見て来た私には良いとも悪いとも言えないです。

@SAKURA

No title
ハマワンさん

お母さんの話し、染み入ります。まったくそのとおりだと思います。
年上の話しっていいことが多いようですね。。(笑)
我が家もその思いを子どもたちに伝えて行きたいと思います。

@SAKURA

No title
みあるさん

そうそう、ある程度の年齢にならないと考えてもしょうがないものってあると思います。ただ、現実だということだけ知っていれば・・・

中毒って食べものばかりじゃないですね。いやなものは食べなきゃいいです。。(笑)

@SAKURA

No title
三冬ママさん

その話しはちょっとびっくりです。まだ産まれたばかりを殺処分する気持ちってどんなんですかね。。

@SAKURA

No title
ラム母さん

永遠、、、、そのとおりかもしれませんね。
最後まで看取る勇気も必要でいが、安楽死だけはまだ容認できていません。本人の言葉であればもっと受け入れやすいかもしれませんが、獣医さんとはいってもそこだけは信用ができない自分です。

@SAKURA

No title
アトムママさん

電話はいらない、、、、これいい方法だと思います。今回も心配で何度も電話をしました。娘もしなくてもいいといってくれたけれど、やはり黙っていられませんでした。。(笑)

ママさんたちの経験談、すごく役立っています。自分も心の整理をしてのぞもうと思います。

@SAKURA

No title
ベリーちゃんママ

皆さん、いろいろ意見はあるけど、まずはよく考える機会があることが大切ですね。

@SAKURA

No title
ナナママ

ママさんの気持ち、よく理解できます。ABって思考がよく似ている部分があるのかもしれません。ただ、前向きでありたいと思うのは一緒ですよね?!(笑)

@SAKURA

No title
ふくりんさん

これは飼い主さんの問題であって、回りがとやかく言えない部分だと思います。ただ、自分の愛犬がそういう立場になったら?
しまはそのための心の準備と、いろんな知識、経験をつんでおきたいですね。

SUNNYMAMA

No title
私は完全に中毒患者です!(笑)
この冬、日本に里帰りするのも気が乗りませんでしたが
旦那さんが安心して行っておいでと言ってくれてるのでお願いする事にしました。
サニーも大切ですが日本の家族も待っているのでたまには帰らなくてはです。

@SAKURA

No title
サニーママさん

外国だからしょうがないですね。帰国のたびにサニーちゃんに負担を
させるのもかわいそうですよ。。
中毒、シュナ飼い主が多いような気がします。。(笑)

ピロママ

No title
ビックリしました!本当いつでもどこでもワンコと一緒だったんでwすね!!!私は日本にいたときも旅行~とかついつい実家にピロを預けたりしましたが…とにかくさすがシュナ先生サクラさんです!

@SAKURA

No title
ピロママさん

なんか~自然にこうなってしまいました。妻も同じ考え方だからですね。気になるくらいだったら、一緒に連れて行きたいものです。

mamachan

No title
すみませ~~ん・・・あたくしは離れるとちょっとホッとします~。

@SAKURA

No title
ふふふ、毎日が辛いとか??(笑) でも、可愛いから、ひっついていたいでしょ。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ