FC2ブログ

乳つき順位




(※読売新聞から)

■おっぱいマナー

ドテッと横たわるお母さんブタ。子ブタたちは満足気にお乳を吸っている。

ブタは普通、一度に10頭くらいの子が産まれ、対する乳首は7対(14個)あるので、子ブタが乳首にあぶ

れることはない。


ある研究によると、前3対のうちのどれかの乳首を吸っていた子ブタは、後ろの4対の子ブタに比べて、

平均で80%以上も多くお乳を得られたという。


こんなに違うのなら、当然、前のオッパイのほうが得、激しい争奪戦を繰り広げる。しかし、早い場合で、

6日くらいで決着がつき各人の定位置がその後、変わることがないそうだ。


こうしてできる順位のことを 「乳つき順位」 という。たいてい、そのいい位置は、生まれたときに体重の大

きいものが占めることが可能なのである。




これは、本日の夕方から抜粋したものです。 おっぱり争奪戦には犬たちの世界も同様の物語があるの

です。 


サクラの第一子、太郎君は生まれつき200gと最重量。 きっとお腹の中でも、胎盤を通じて栄養争奪戦

に勝ったのだろうと思います。それを考えると、意識がないときから競争に生きることがよくわかりますね。

誕生して1ヶ月もすれば、離乳食がはじまると私たち飼い主はできるだけ子犬たちには、平均で食べさせ

ようと考えてしまいます。ところが、やはり大きい子は食べるのも早い・・・・。

遅い子が半分も食べないうちに、隣のものを物色するという具合になっています。





こうして、里子に出すまでこういう、食べもの競争の中に育っていくのです。 しかし、生まれついた大き

さ、体重さはけっして、抜いたり逆転することはマレです。 その証拠に今でも誕生会で一番大きいのは

太郎君。 長男、そして長女の威厳というものが存在するんです。。(笑)


それにしても、今日も暑かったですね。 最高気温が32度?  9月とは思えない暑さも週末には秋風

が吹いて、セミのコーラスに代って、虫たちの鳴き声が待ち遠しいですね。。♪





コメント

ピッピ\(@^▽^@)/

No title
母乳のときは小さい子から、離乳食になったら、大きくて食べるのが早い子は隔離する。
懐かしいです (*≧m≦*)ププッ

hamawan

No title
そうですよねぇぇ・・・、生き残り合戦はお腹の中からですよねぇ。厳しい世界ですね。。人間は、守られているなぁ。笑
シェリの血統書を見ると、2姉妹で生まれたようです。。少なかったんだなぁっと思いました。。
どこで生活しているのかもわかりませんが、姉(妹)ちゃんも小型なのかどうかが気になる所です(^-^)。。

@SAKURA

No title
ピッピちゃん

ふふふ、懐かしいでしょ。また、経験はしませんか~♪
大変だけど、それだけ楽しみも倍増しますよ。。

@SAKURA

No title
ハマワンさん

2ワンコですか。。きっと大きさはともかくにていると思いますよ。
再会ができるといいですよね。。♪ だって、この世でたった二人ですもの。。シアワセでしてくれるといいですね。

めし使い

No title
やはり動物の世界では弱肉強食が顕著に体格に表れてるんですね。

おっぱいの前の方がたくさん出るのは初めて知りました。
昔の学校の手洗い場の水道みたい(笑)

無心におっぱいを飲む光景には癒されますね~♥

@SAKURA

No title
めしさん

ところが、ワンコの場合は逆なんです。。
水のみ場ににているところがうありますが、押すとまた出るのが
オマケのようでいいですよ。。(笑) 小さくても皆んな知っているんです。。

korenn

No title
定位置が変ることが無いのですね(^v^)
凄いですね、これも自然の掟かしら。
知りませんでした。

SUNNYMAMA

No title
その位置を人間が順番に変えてあげてはダメなのかしらねぇ?
私が飼い主だったら余計なお世話しちゃいそうだわ...(~_~;)
前の方っていうとおっぱいは後ろ脚に近い方より小さいのに出が良いのですねぇ 勉強になりました。

わさび母

No title
そうそう、この話、わさびを譲ってもらう時に聞きました。
7頭兄弟でしたが、大きさがかなり違いましたものね。生まれた時一番身体も大きく、パワフルだった子が、やっぱりその後もいちばんよい場所をキープしていたそうですよ。
わさびは小さめだったので、生存競争にはあまり強くなかったんでしょうね。今では食いしん坊で、食欲が落ちる事はありませんが、それでも人から食べ物をもらうときに、バクッといったりすることは決してなく、わりと静かな食べ方です。飛びついておねだりしたりも絶対しないし。
7頭兄弟のまま育ったら、もっと小さな犬になっていたでしょうか…(^_^;)

ナナママ

No title
豚のおっぱいは聞いたことあります。
懐かしい写真ですね(^^)
体が大きい子が出のいいおっぱいを先に吸います。
小さい子は下のおっぱいを一生懸命吸う姿に愛おしさを感じました。
この感触はたまらないです(^^)

ふくりん

No title
小鳥の世界でも似たような事がありますね~。
やはり生き残るための知恵なんでしょうね★

子犬がおっぱい飲んでる様子って、直で見てみたいな~。
いいモンなんでしょうね(^-^)

@SAKURA

No title
ベリーちゃんママさん

きっと私たちも同様の規則ってあると思います。いつも、年功序列は嫌いでもすごく大切なことだと思っています。

@SAKURA

No title
サニーママさん

一度、出産をすればわかります。びっくりすることは人間の育児とすごく似ているところです。ママさんも経験があるので、きっとうまくできると思います。ウチも妻のどせっしり構えているところってすごく驚き~♪ でしたよ。。(笑)

@SAKURA

No title
わさび母さん

でも、自然というのはうまくできていて、離乳をすぎるとまた違った面の発育ってあるんです。大きいことは、病気にたいしても抵抗力がありますが、ウチは小さい子が残っています。
大きい子はどこでも、大きく育つので安心してあげられますね。

@SAKURA

No title
ナナママ

一度、経験していると臨場感があるでしょ??♪
小さい手でお乳を押して飲んでいる姿。。なにものにも変えがたい優しさを感じるものですね。

@SAKURA

No title
ふくりんさん

来年のはるになるとくるくるが子育てをしてくれている予定です。
東京にびゅーーーんと、遊びに来てくださいね。
非公開コメント

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ