FC2ブログ
  • 今年は4年待ったドイツワールドカップの年である。サッカーファンならずとも今から待ち遠しい。自分の記憶で一番印象が残っているのは1974年の西ドイツ大会。「トータルフットボール」のオランダ代表 ヨハン・クライフ。まさに今では伝説の人、バルセロナでは救世主とまで呼ばれたプレーヤーである。あの欧州最高選手バロンドールを2年連続3回受賞、その当時の伝説となった。僕が彼のプレーを見たのは、中学のサッカー少年... 続きを読む
  • 傑作(0) 2005/12/19(月) 午前 1:08 | 日記 | サッカー チャンピオンズリーグの覇者、リバプールがトヨタカップで負けた。それにしても、知将ベルティスがこのような選手起用の失敗をするとは思えなかった。クロウチとリーセを起用せずに、モリエンティスとキューエルとはいただけない。前回の準決勝の調子を見てもこの起用は疑問が残る。サンパウロはよく守った。そして、あのオフサイドまがいでの先制点。後半の100%... 続きを読む
  • トヨタカップ準決勝のリバプール戦見た。ヨーロッパのサッカーの質の高さ、チャンピオンズリーグでの優勝がフログではないことが証明された。まったく対戦相手を寄せ付けないところか、サッカーらしさを見せた試合だった。なかなか1年でもいいサッカーを見れる機会は少ない。今年は2試合目。セリアAのユーベとミランとの試合以来となった。ジェラードの強さ、リーセのイマジネーション、シャビの試合を読む目に釘付けとなった。... 続きを読む
  • きのうのトヨタカップを見た。久しぶりの三浦カズの頑張りは一時期の引退説を吹っ飛ばすものになった。年老いてのプレーはすごかった90年初期のそれとはだいぶ劣るが、気持ちの聞こえるようなプレーは凄味さえ感じられた。監督のリトバルスキーはこんな彼の心意気を買ってこの器用だったのだろう。ベテランハベテランなりの使い方や生きる道があるし、若い者にはない渋い部分もあるのだ。是非、日本代表にも呼んで欲しいと思う。... 続きを読む
  • UEFAチャンピオンズリーグマンチェスター・ユナイテッド予選敗退。これはサプライズ!!17年連続で予選通過の赤い悪魔の敗退はとても残念だ。ベッカムが退団して久しいが、キャプテンのロイキーンの退団は相当、効いた。それにしてもファーガソンの戦術は、今のサッカーには古典的としか思えない。一流選手をたくさん擁していても、戦術でサッカーはすべてが変わる。このチーム再建は監督の解任が急務ではないだろうか。好きな人がい... 続きを読む

sakurasumire1490

6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

プロフィール

sakurasumire1490

Author:sakurasumire1490
6代4ワンコシュナウザーオーナーのSAKURAです。

月別アーカイブ